双星の陰陽師 最新 73話 ネタバレ 感想 あの男が復活

漫画「双星の陰陽師」、最新第73話「馬鹿兄貴」のネタバレ感想です。ろくろを庇い、命を落とした天馬。ろくろは四皇子が連れて逃げてきたケガレたちと闘う。最大のピンチに姿を現したのは紅緒だった。ジャンプSQ2019年8月号掲載エピソード。

 

 

73話の続き、双星の陰陽師最新74話のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 72話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 72話の振り返り

 

双星の陰陽師 72話 ネタバレ

天馬は死に際に紅緒と生きるようろくろに伝える

地上では鈩と戦っていた四皇子が禍野門を作り、ケガレを引き連れて逃亡。深度2013へ。

悠斗との一騎打ちに水をさされたろくろ、ケガレと闘うも数が多くやられそうになる。そこへ紅緒が登場。ふたりは再会を喜び、レゾナンスでケガレたちを蹴散らした

 

双星の陰陽師 最新 73話 ネタバレ 感想

 

センターカラー
扉絵は紅緒でした
右目って治るんですかね・・・

 

 

 

紅緒・ろくろ VS 悠斗

2年前の再戦だと意気込むろくろだったが、その前に紅緒の狩衣が刺激強すぎだと指摘

 

シリアスな場面だったのに笑わせてくれます
紅緒が煩悩殲滅喼急如律令ってつっこんるの可愛かったです(笑)

 

悠斗の攻撃にふたりで協力し反撃
ろくろは失ったはずの呪力が紅緒が来てから少し回復していることに気づく

 

愛の力ですかね。ふたりでいると呪力回復っていいですね

 

ろくろ、紅緒それぞれ攻撃を繰り出すも悠斗には効かず
レゾナンスしで特大の一撃をお見舞いしようとするが、悠斗は黒い気で反撃

 

 

 

悠斗に首をとられた紅緒
苦しむ間に悠斗が幼い頃に苦しんだ様子がビジョンで伝わる
悠斗は一瞬正気に戻り、声を絞り出した
「も”う”殺じて 紅緒・・・願」

 

いきなりのセツナみ展開
正気の悠斗久しぶりです

 

ろくろが助けに入る
紅緒は呪力の乱れで姿が変わりそうになるのを呼吸を整えて抑えた

 

ろくろと悠斗の殴り合い
ろくろはほんの少しだけ、悠斗をかっこいいとおもっていたのに
そんな化物になりたかったのかと怒りを顕にする

悠斗の胸への一撃で気を失うろくろ
紅緒が受け止めて、力を貸して欲しいと懇願
ふたりでレゾナンスを放った

 

 

 

深度2013
繭良たちは天馬を発見

呪力の反応が3つだと聞き、繭良は紅緒が来たのではと考える
ろくろたちの元へ向かおうと考える一行だったが、四皇子がケガレを引き連れ襲いかかる

天馬の側にいた恵治が狙われる
空から攻撃が降り注ぎ、恵治は助かる
恵治は天馬との病院での会話を思い出す

 

天馬は士門も悠斗討伐作戦で死ぬのが先読みの術でわかったので足を切ったのだと説明
ちゃんと未来を見ている士門なら自分の代わりに双星を導いてくれるだろうと考えたのだという

 

 

 

恵治は天馬に思い違いをしていると言う
天馬は空に士門の姿を見つけて、大馬鹿野郎とつぶやいた
恵治は続けた
「たとえ両脚を失おうとっアイツの信念を断ち切ることは出来ないっ!!」

 

士門の復活!!!
いや、こんなに早く復活するとは思っていませんでした
脚は治ったんですかね?ちょっと色が違うのが気になりました
まだ治療中だったらいいんですけど、義足だとちょっと全開で戦えるのか不安です

そして天馬の脚切り行動にはちゃんと意図があったのですね。

 

 

 

紅緒はろくろに悠斗は罪の意識からもう1人の人格をつくった
自分の知っている悠斗はもう壊れてしまっていたと話し涙する

ろくろはこれ以上悠斗がケガレに染まらないようにするのが自分たちの役割だと言って
元の姿に戻った悠斗の前に姿を現した

 

悠斗との戦いは次回でクライマックスでしょうか
このままだと悠斗負けちゃいますけど、逃げるのかな?

そして、天馬はもう死んだのだとばかり・・・
士門も戻ったので死ぬに死ねない状況ですね!あ。。。でもこの後皆に見守られて死ぬなら見えた未来と一緒ですね・・・・

 

双星の陰陽師 74話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。