双星の陰陽師 81話 ネタバレ 感想 神威 対 ろくろ 士門 天馬 対 加布羅

漫画「双星の陰陽師」、最新81話「大切な者(または物)のために」のネタバレ感想です。双星の陰陽師、天馬、士門による新ミッション。たどり着いた先には、婆娑羅の2位となった加布羅と、3位の神威の姿が。ろくろは神威と紅緒をかけて争う。ジャンプSQ2020年5月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

81話の続き、双星の陰陽師最新82話のネタバレ感想はこちら

紅緒とろくろが結婚報告、双星の陰陽師最新番外編のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 80話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 80話の振り返り

 

双星の陰陽師 80話 ネタバレ

ろくろと紅緒は結婚式の準備を進める。ふたりはありすに招集され新ミッションへ。そこには士門と天馬の姿も。

4人で向かったのは婆娑羅の呪力を感じる深度1405にある建造物、天御柱塔

天馬が開けた穴から突入した4人。そこには神威が。双星の陰陽師は神威と戦う。もう1人婆娑羅がいることがわかり、天馬と士門が行き着いた先に待ち構えていたのは加布羅だった

神威はようやくろくろと勝負できると意気込む。神威はろくろに紅緒を賭けて勝負しろと言う

 

双星の陰陽師 最新 81話 ネタバレ 感想

 

神威 VS ろくろ / 士門・天馬 VS 加布羅

ありすが出動前に加布羅について語るのを天馬は思い出していた
4年前の戦いで十二天将の2人を含む18名の命を奪った加布羅は、一位の千怒が消息不明の今最強の婆娑羅といえるだろうと

 

 



スポンサーリンク


 

あの時18人もやられてしまっていたのか・・加布羅強かったもんなーー勝てる気しなかった

 

天馬と士門がそれぞれ加布羅に攻撃を仕掛ける
加布羅は協力して戦わないと面白くないぞとアドバイスするも、ふたりは聞かない

 

加布羅は太陰となり強くなったのに弱い人間と足並みを揃えていることにイラつくと紅緒を責める
ろくろは2つ言いたいことがあると切り出す
1つ、紅緒をモノ扱いするな。2つ、神威の挑戦は受けて立つ、陰陽師である限りケガレと戦わない理由はないと
そして3つ、今の自分が太陰の紅緒より弱いなんて思い込みは捨てろと

神威は2つと云ったのにろくろが3つ言ったことに驚く

 

神威笑わせにきてるーー(笑)
って、3つ言っちゃうろくろの方か

 



スポンサーリンク


 

 

攻撃態勢に入るろくろ
神威も姿を変え、戦闘態勢に

 

神威はやっぱり白?が格好いいですね

 

激しいぶつかり合い
紅緒もたまらず神威を止めようと参戦するが神威は難なく紅緒の攻撃を防ぎ
止めたいなら太陰になってかかってこいと言う

ろくろは以前の神威なら自分に太陽になれと言ったろうが、それだと紅緒が悲しむと思ったのだろうと同情
心が通じ合わなきゃダメだと神威にダメ出し

イラつく神威、ろくろに襲いかかるが
待ち構えるろくろの気迫に気圧され一瞬の隙ができてしまう
ろくろは「流星拳・紅焔降燐」を決める

 

 



スポンサーリンク


 

ド迫力でした。相変わらずかっこいい!!

 

ろくろはケガレたちの強さの秘密が解った気がすると語りだす
人間になりたくて呪力を通じ人間の事を知っていく、ほとんどが悲しみや怒りなどの負の力で
どんどん化け物化してしまうが、最後の最後に人間の正の部分に触れたものだけが人間に近づく
そして人間にもケガレにも欠かしてはいけないもの、それは愛だろうと

 

もう事実上ろくろの勝利宣言でしょうか
ろくろの勝ちで決着かな?

 

天馬は士門を捨て石にすれば加布羅を倒すことができると考えていたが
4年前の特異点以降自分が変わったことに気づいていた
周りは皆大切なものを守るために戦っている、自分の大切なものとは何かと考える
そして、みたらし団子が頭に浮かぶ

 

まさかのーーーー(笑)ここで団子かーーー

 

 



スポンサーリンク


 

加布羅の反応速度に手数の多さで対抗する天馬
隙を狙った攻撃を防いだ加布羅
かと思いきや続けて士門が強烈な一撃をお見舞いする

盛り上がってきたと笑う加布羅

次の瞬間、天御柱塔が爆発し
3人の前に謎の敵が姿を現した

 

何奴
最初の言葉が「ぴぽ?」だから言葉が通じない異国のキャラとか?
いずれにせよめちゃ強そうです。まさか加布羅と共闘ですか、これはー

 

双星の陰陽師 82話へ続く
 

 



スポンサーリンク


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。