双星の陰陽師 86話 ネタバレ 感想 繭良のお見合い 士門の気持ち

漫画「双星の陰陽師」、最新86話「愛の関門、恋の師事」のネタバレ感想です。ろくろは太陽となり紅緒を救い出す。ふたりの説得により十二天将たちは島に残ることを認めた。ろくろと紅緒は結婚式を開く。無事に式を終えた結婚初夜、紅緒がろくろを誘う・・・ジャンプSQ2020年11月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

86話の続き、双星の陰陽師最新87話のネタバレ感想はこちら

ジャンプSQ RISEに収録 双星の陰陽師 最新番外編のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 85話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 85話の振り返り

 

双星の陰陽師 85話 ネタバレ

ろくろは太陽となり、紅緒を救うためありすたちのもとへ。蛇草家の申芸が反対するも、ろくろは攻撃をかわしてみせ、皆を説得。

紅緒とろくろは島に残れることとなり無事に結婚式をあげた。そして結婚初夜、紅緒がろくろを誘う・・・

 

双星の陰陽師 最新 86話 ネタバレ 感想

 

繭良のお見合い

結婚初夜を迎えたろくろと紅緒
ついにいたすのかと思いきや、紅緒が鼻血をだしてしまう

 



スポンサーリンク


 

リビングでお水を飲んで落ち着いたふたり
紅緒は神子を授かるにはふたりが太陽と太陰に覚醒してなければならないのでは?と問う
だから、夫婦の営みは穢の王を祓ってからが良いと思うと

ろくろはそっちのほうが正しいと応じるも、ベッドの中で穢の王を祓うまでイチャイチャもお預け?と落ち込んだ

 

残念すぎる(笑)ちょっとふたりともマジメすぎないか・・・

 

翌朝、きなこに指摘されふたりは婚姻届を出すのを忘れていたのを思い出す

 

同じ頃、夕弦は繭良にお見合い候補の写真を見せて説明
繭良はお見合いしたいとは言っていないと拒否るも行き遅れになりかねないと夕弦は譲らない

 

イケメンぞろいのお見合い候補、私は八幡千景様がいいかなー。一番イケメン、優しそうだし

 

繭良がお見合いをするらしいという話が士門の耳にも入る
恵治と小夜は一大事だと騒ぐが、士門は思うところが無いと言えば嘘になるが
向こうは本家でこちらは分家、身分が違うし。繭良が見つめる先には別の誰か(ろくろ)がいると応える

 

せっつねーー。士門がんばってよーー

 

 



スポンサーリンク


 

禍野 深度1775

お見合い候補の3人とミッションに参加した繭良
3人は繭良の姿に頬を紅潮させる

ほぼミッションを終えたところに巨大なケガレが現れる
お見合い候補の1人、川綴が負傷し残りのふたりは川綴の救助へ

ひとり戦おうとする繭良の元へ士門が登場
繭良とふたり協力しケガレたちを祓った

 

このふたりのコンビやっぱり良きですよね

 

地上に戻った繭良たち
繭良は士門に結婚についてどう思うか尋ねる
士門は繭良は特別な女性だから、幸せになってほしいと考えていると言う
繭良はろくろへの思いがまだ残ってしまっていると応える
それは健全な状態じゃないという士門に忘れさせてくれるのかと頬を赤らめる繭良
思わぬ一言で士門も顔を紅潮させる

 

 



スポンサーリンク


 

かわいすぎるでしょこのふたり、はやく付き合っちゃえよーー
幸せなエピソードが続きますが、そろそ新展開が始まりますかね

 

双星の陰陽師 87話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。