双星の陰陽師 最新 89話 ネタバレ 感想 婆娑羅 VS 十二天将

漫画「双星の陰陽師」、最新89話「滅びの最前線」のネタバレ感想です。隅田小隊の死がトリガーとなり甘露門が開く。姿を現した新型の婆娑羅たちにより島は大打撃を受ける。ろくろと紅緒が戦闘準備を整えた頃、神威も婆娑羅たちと共闘していた・・・ジャンプSQ2021年2月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

ジャンプSQ RISEに収録 双星の陰陽師 最新番外編のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 88話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 88話の振り返り

 

双星の陰陽師 88話 ネタバレ

隅田小隊のメンバーの死がトリガーとなり、甘露門が発動。ケガレが飛び出して島はパニックに。そこへ更に新種の婆娑羅が姿を現す。

泰月楼自体も婆娑羅の襲撃を受け崩れる。鈩のもとにも婆娑羅が、善戦する鈩だったがケガレに襲われる一般人に気をとられてしまい婆娑羅の前に倒れた。

婆娑羅たちの中に神威の姿が、神威はろくろとやれるならと同盟を組んだのだった

 

双星の陰陽師 最新 89話 ネタバレ 感想

 

扉絵で現在の婆娑羅軍団の位置とメンバーの名前の顔が紹介されていましたね!
加布羅いたんだ・・・

禰寝(ねじめ)
鴻巣(ぐるす)
山門(やまと)
辺留(べる)
師(もろ)
愛宕(あたご)
百道(ももち)
千々石(ちぢわ)
修多羅(すたら)
加布羅
神威

 

 



スポンサーリンク


 

神威と禰寝がルックス似てる件は、兄弟か何かなんでしょうかね

 

十二天将 VS 婆娑羅

雑魚ケガレたちは倒したと思っても再生することができ、その数は一向に減らない
また、食べた人間の分だけ強くなっていった

陰陽師たちを次々と婆娑羅が率いるケガレたちが襲う

 

絶望しかない・・はやく十二天将来てーー!!

 

ようやく十二天将が婆娑羅たちの前に到着
ろくろはケガレたちを一層すべく、島中に裂空魔弾を放つ
上空からケガレだけが狙い撃ちされる

 

ろくろすげえええ。もう一回!もう一回!!

 

もう一度同じ呪術を放とうとしたろくろ
そこへ神威がやってくる

 

ろくろはともかく、紅緒に神威は攻撃できるのでしょうか
紅緒には近くにいる加布羅が相手になるのかな

 



スポンサーリンク


 

次回から十二天将と婆娑羅たちの直接対決スタートですね。十二天将また・・・たくさん死んじゃうのかな(泣)

 

双星の陰陽師 90話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。