双星の陰陽師 90話 ネタバレ 感想 天馬 VS 山門 ジャンプSQ3月号

漫画「双星の陰陽師」、最新90話「We’re Not Gonna Take it!」のネタバレ感想です。島を襲う婆娑羅とケガレたち、ようやく十二天将が到着。ろくろは汚れ達を一層しようと裂空魔弾を放つ。二発目の準備に取り掛かろうとしたところに神威が現れた・・・ジャンプSQ2021年3月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

90話の続き、双星の陰陽師最新91話のネタバレ感想はこちら

ジャンプSQ RISEに収録 双星の陰陽師 最新番外編のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 89話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 89話の振り返り

 

双星の陰陽師 89話 ネタバレ

婆娑羅とケガレたちが島を襲う。十二天将が現れ反撃に転じる。ろくろは島にいるケガレたちの位置を特定し、一気に裂空魔弾で攻撃

もう一度攻撃を放とうとしたところで神威が現れた

 

双星の陰陽師 最新 90話 ネタバレ 感想

 

十二天将 VS 新生婆娑羅

神威がろくろに襲いかかる
紅緒には千々石と百道が協力して攻撃を開始

 

百道と千々石はコンビなんですね
かっこいいですけど、紅緒ひとりだと不利ですよね!

 

 



スポンサーリンク


 

士門は辺留(べる)と戦う
辺留の術が剣の巨大化だと理解する

 

辺留はなんかロボ感あります。あと硬いんですね

 

天馬は山門(やまと)と戦う
山門は爆弾の術で敵味方関係なく連続攻撃
陰の気で生成されるというその爆弾で、陰陽師が爆弾化され殺されてしまう

天馬は陰の気を陰陽師達から取り除き一気に反撃に転じる
そして山門を散り散りにしてみせた

 

おおおおおお、さすが天馬!!まずは天馬が一人やっつけましたねー
山門の近くに辺留がいるはずなので天馬は士門に加勢でしょうか?
士門ひとりでやっつけてほしくはあるけど!

 

神威はろくろに攻撃を続けるが手応えがなかった
ろくろは子供やお年寄りを巻き込んだ戦い方を見損なったと非難する

紅緒は千々石と百道相手に苦戦
太陰になりたければなっていいと煽る

そこへ修多羅(すたら)がやってきて、ふたりを止める
紅緒の前に膝を突き、穢の姫を迎えに来たという

 

 



スポンサーリンク


 

予想外の展開!紅緒を迎えに来たならもうちょっと平和的なというか隠密的なやり方はなかったんかい!(笑)
十二天将が劣勢になれば紅緒は仲間を守るために応じて、修多羅と一緒にいってしまうのでしょうか

 

婆娑羅軍団の状況

禰寝(ねじめ)
鴻巣(ぐるす)
山門(やまと) 天馬が倒す
辺留(べる) – 士門が戦う
師(もろ)
愛宕(あたご)
百道(ももち) – 紅緒が戦う
千々石(ちぢわ) - 紅緒が戦う
修多羅(すたら) – 紅緒を迎えに来たという
加布羅 
神威 – ろくろが戦う 

 

双星の陰陽師 91話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。