双星の陰陽師 最新 97話 98話 ネタバレ 感想 それぞれの戦いの結末

漫画「双星の陰陽師」、最新97話「地鳴り」98話「世界一悲しい幸せをあなたに願う」のネタバレ感想です。加布羅は不暁城を破壊し、一斉攻撃をしかけようとするがろくろが対抗し攻撃を相殺する。体力を消耗したろくろに今度は修多羅が現れる。今月は一挙2エピソード更新!双星の陰陽師はジャンプスクエアで連載中

 



スポンサーリンク


 

前話、双星の陰陽師 96話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 96話の振り返り

 

双星の陰陽師 96話 ネタバレ

ろくろは神威と戦いながらも移動して避難する人たちを助ける。神威は実力差を痛感。そこへ千々石と百道が現れる。あわや、攻撃を食らうところだった神威をろくろが助ける。

志鶴と桜は加布羅と戦う、雲雀も参戦。加布羅は不暁城を破壊し、島中の人たちの前に黒い印を浮かび上がらせて一斉攻撃を仕掛けようとする。ろくろは対抗して白い印を浮かび上がらせて攻撃を相殺

弱った加布羅を志鶴たちが追う、加布羅は両親のことを思い出し発狂。ろくろのもとには修多羅が現れる

 

双星の陰陽師 最新 97話 98話 ネタバレ 感想

 

迫る終戦、それぞれの決断

紅緒を追い詰める修多羅
太陰の力を覚醒させれば、自分を祓うことが出来るだろうと指摘するも紅緒は姿を変えることを拒否
修多羅の術により閉じ込められてしまう

修多羅はろくろに引導を渡しにいくのだという

 

(紅緒死んじゃったんじゃ・・・と心配しましたが閉じ込められただけでしたね)

 

 



スポンサーリンク


 

修多羅はろくろの攻撃を受けて、反撃
修多羅の術式は陽の気を陰の気に反転して放出するのだという

しかし攻撃を受けた修多羅はもうボロボロになっていた
ろくろは修多羅が最初から死ぬ気だったのだと理解

修多羅はろくろに近寄り、男前に育った。今お前が生きているのは俺のおかげだと語りかける。
修多羅はろくろの顔に近づいて、歯並びが悪いのは変わっていない、足羽が聞いたら何ていうかな?と微笑んで息を引き取る

 

(どういうこと?誰なんでしょうか。顔の継ぎ接ぎから察するにもと陰陽師だったとか??)

 

弱っているろくろに百道と千々石が襲いかかるが、神威が割って入る

 

(神威さん、待ってましたよ!!寝返ってくれると信じてました)

 

悠斗の体が再生されているところへ幼い姿になった無悪が
新は有馬が生前に無悪の意思を次ぐ誰かが悠斗の回収にやってくると聞いていたと止めに入る

無悪は太陰の完全覚醒のため、悠斗の肉体が必要なのだという

 

(無悪やっぱ死んでなかったのか。そんなのありかよーーー)

 

 

 

新は無悪を止めようとするも右腕を吹き飛ばされる
無悪は肉体を奪い姿を消した

 

地上に戻った無悪は死体から気を集めて、呪印を発動
呪印から巨大なケガレが姿を現した

 

(ヤバいのが出てきた・・・しかも婆娑羅も巻き込まれそうな感じになっててカオス)

 

ケガレに街が更に破壊される
目を覚ました桜は苦しむ加布羅を発見

次の瞬間、加布羅の幼い頃の記憶が見える

 

(加布羅・・・というか修多羅もそうでしたけど婆娑羅はもと人間ってことですね。。。)

 

加布羅が攻撃を開始。志鶴たちが駆けつける
桜は気を取り直し、美玖のかたきを討つべく戦いに集中

加布羅を追い詰めるが、子供が泣き叫ぶ声が聞こえ拳が止まる
その隙に加布羅が反撃し、胴体を突き抜かれてしまう

 

(嫌だあああああ。桜まで加布羅にやられるのかあああああ)

 

桜は加布羅に歩み寄り、拳を両手で包み込んでやる
なんて悲しい拳を・・・お母様にまた怒られますよと微笑むと加布羅は泣き叫ぶ
桜は加布羅を抱きしめる。加布羅はごめんなさいお母さんと泣き叫んだ

巨大なケガレが現れて、桜は加布羅と共に地面の間に落ちていく

 



スポンサーリンク


 

 

(加布羅も死んじゃったんですかね・・・それともワンチャン2人とも生きてる??)

 

子供を助けようと奮闘するろくろのもとへ紅緒がやってくる
紅緒はもう戦わなくていいとボロボロのろくろを後ろから抱きしめる

紅緒はろくろにキスして、幸せをありがとうと告げ太陰へと姿を変えた

 

そんな・・・紅緒までさよならですか。。最後のお別れの言葉、泣けました
太陰になっちゃったら、全部無悪の計画通りなのかああ

次回は紅緒が巨大ケガレを倒して、婆娑羅軍団襲撃編は終了でしょうか。急展開、そして劇的な幕切れになりそうです。

 

婆娑羅軍団の状況

禰寝(ねじめ) – 不明
鴻巣(ぐるす) – 不明
山門(やまと) – 天馬が倒す
辺留(べる) – 不明
師(もろ) – コーデリアが倒す、その後加布羅が殺す
愛宕(あたご) – 膳所雲雀 膳所九十九が倒す、その後加布羅が殺す
百道(ももち) – 不明
千々石(ちぢわ) - 不明
修多羅(すたら) – ろくろが倒すというか自殺
加布羅 – 不明
神威 – 寝返る 

 

 

 

双星の陰陽師 99話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。