双星の陰陽師 化野紅緒編 最終回 最新54話 ネタバレ 感想 ジャンスクRISE

漫画「双星の陰陽師 化野紅緒編」、最終回、第4話こと54話「君に伝えたいこと」のネタバレ感想です。襲いかかる赫夜に為す術なしな神威。しかし紅緒の言葉で復活! 千怒の儀式でケガレ化した紅緒の前に現れたのは蘆屋道満 ジャンプスクエアRISE掲載エピソードです。

 

 

本編、双星の陰陽師最新58話のネタバレ感想はこちら

前話、双星の陰陽師 化野紅緒編 53話のネタバレ感想はこちら

 

前話、双星の陰陽師 化野紅緒編 53話の振り返り

 

双星の陰陽師 化野紅緒編 53話 ネタバレ

千怒が紅緒の力を開放する儀式を行っている間に赫夜がやってくる。赫夜を制止しようと神威が立ちはだかるもぼろぼろにやられてしまう

紅緒は傷ついた神威を前に死ぬなと声を掛ける。神威は紅緒を守りたいと変身。改めて赫夜に立ち向かう

千怒の儀式が進む中、紅緒の身体から蘆屋道満が姿を現した。

 

双星の陰陽師 化野紅緒編 最終回 最新54話 ネタバレ 感想

 

ジャンプスクエアCROWNからジャンプスクエアRISEへ変わりました
しかし今回で紅緒編は最終回となるわけですのでRISE買うのもこれが最後になるのかな?
それともまた双星の番外編連載してくれるような気もする。
楽しみにしてます!

 

 

 

紅緒の過去
紅緒は様々な世界、時代でケガレと戦う太陰の記憶を追体験する

最初こそ幸せな記憶でしたが、実に2ページくらいでしたね・・・
のこりはツラすぎる太陰の記憶
仲間を失い、助けたはずの人からは裏切られ・・・

「逃げるな 逃げることは許されぬ・・・!」

つれー
しかし紅緒はどの世界にもろくろがいないことに気づく
ろくろへの愛に気づいた紅緒が目を覚ますと蘆屋道満が紅緒が幼い頃にろくろと出会っていたことを思い出させてくれる

やっぱりこのふたりが出逢うのは運命だったんですね!

ろくろ・・・なら
きっと真剣に話を聞いてくれ・・る
どうすればいいか一緒に考えてくれる
きっと
辛かったねと言って
微笑みを向けてくれる

 

蘆屋道満の出番はとりあえずここまで。
物語の後半にまた登場しそうな予感

 

 

「往け 太陽の下へ お前の帰りを待つ者の下へ! 深淵の地で また逢おう!!」

今回はおふざけなしでした。蘆屋道満かっこいいからもっと出番増えて欲しいです

 

赫夜 VS 神威/紅緒
ぶっ飛びケガレの赫夜と神威の一騎打ちかと思いきや
儀式を終え、ケガレの姫となった紅緒が登場!!

いや・・・もう紅緒っていわれなきゃわかんないレベルですっかり別人です

 

ダーリンを壊されて激怒する赫夜、怒りで我を失った赫夜を神威と紅緒がキックで挟みうち!
このシーン、くっそかっこよかったです
赫夜・・破裂してた

 

紅緒が神威に語りかけるシーンにほっこりしたのも束の間
実は赫夜まだ生きてた

「”太陰”と”太陽”が結ばれる筈がねえだろおっ てめぇが結ばれて私が駄目なんてそんなリフ寺院な話があってたまるかよおおおおっっ!!!」

ダーリンとの過去が描かれてましたけど・・・赫夜セツナス
赫夜の呪で流されちゃった神威と紅緒
赫夜はこの呪を最後に死んだのかな?紅緒と神威はどこ行っちゃうんでしょうか

 

 

紅緒と神威が目下、本誌で大ピンチのろくろのとこへ到着するシーンを期待していましたが
そちらは本誌で。ってことですかね

千怒のラストシーンでのモノローグが思わせぶりでちょっと不安です

再会の果てに待っているものが
悲しき戦いであったとしても・・・
乗り越えて往く力があると
信じさせておくれ

 

ケガレの姿で戻った紅緒をろくろは受け入れてくれたとして、他のみんなはどうなんでしょうか
ケガレとしてケガレと戦うけど、また人間からも忌み嫌われる太陰の運命を紅緒も背負ってしまうのでしょうか・・・ツラい

 

双星の陰陽師 化野紅緒編 完
双星の陰陽師 最新話のネタバレ感想はこちら

 

 

 

4 thoughts on “双星の陰陽師 化野紅緒編 最終回 最新54話 ネタバレ 感想 ジャンスクRISE

  • 2018年4月16日 at 7:08 PM
    Permalink

    すんなりろくろと合流できるかと思いきや、一波乱ありそうですね?

    神威と二人とはいえ、かぐやを容易く撃破できたのは桁違いの呪力(晴明と同等であろう道満の呪力?)のおかげですね。

    ろくろが完全覚醒したらどうなることやら。

    パワーアップした繭良の相手はやはり覚醒した紅緒になるのでしょうか?

    Reply
    • 2018年4月16日 at 7:56 PM
      Permalink

      紅たんさん

      コメントありがとうございます。感動の再会で終わるもんだと思っていたので赫夜があんなに粘るとは・・・想定外でした。

      紅緒と十二天将が戦うのかなって想像してましたけど、紅緒VS繭良って面白そうですね。

      Reply
  • 2018年5月2日 at 10:32 PM
    Permalink

    こんばんは

    紅緒が見たパラレル紅緒達の最期がケガレに挑むも力及ばず…は1つだけで残り4つは理由は違えど全て人間の手に掛かるというのが不吉ですね…
    全てのパラレル紅緒が太陽(ろくろ)に逢っていないというのも気になります。

    当初の計画は第2のケガレの王たる太陰を作ってぶつけるという物で、太陽は後から追加されたオプションだったりするのでしょうか。
    双星は過去に何度か現れてるのに有馬がろくろと紅緒の神託を「千年待った」と言ったのとも符合しますが…
    後、ろくろが発見された時に長老たちが「不吉だから殺せ」と言い出したのも、過去に太陽は現れなかった。少なくとも晴明の息子な存在は現れなかったと考えられますし…

    ううん、ろくろについては謎が深まったかも。

    Reply
    • 2018年5月3日 at 9:51 AM
      Permalink

      もにゃらさん

      太陽と太陰の関係については謎が深まるばかりせすね
      ろくろと紅緒が再会し、ふたりで蘆屋道満にあえたりすればまたいろいろ分かりそうな予感です

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。