素敵な彼氏 最新 44話 ネタバレ 感想 桐山くんの前カノ かのん

漫画「素敵な彼氏」の最新44話ネタバレ感想です。受験勉強の最中、カウントダウンイルミをささやかなご褒美に頑張るののかと桐山くん。塾のそばのコンビニで元カノに遭遇してしまった桐山くん、その翌日風邪をひく。お見舞いにやってきたののか、ふたりはいちゃいちゃする。別冊マーガレット2019年11月号掲載エピソードです。

 

 

前話、素敵な彼氏 43話のネタバレ感想はこちら

 

前話、素敵な彼氏 43話 振り返り

 

素敵な彼氏 43話 ネタバレ

カウントダウンイルミの情報がアップされ盛り上がるののかと桐山くん

桐山くんがシャー芯がなくなったので買いに行くと、元カノに遭遇。しつこくアピってくるのを振り切り店を出る

桐山くんは翌日風邪で学校を休む。お見舞いにきたののか、桐山くんは元カノの話をしようとするもやめる

塾の帰り、桐山くんは真太郎にののかのことでのろける

 

素敵な彼氏 最新 44話 ネタバレ 感想

 

センターカラーはののかと桐山くん
ののかはティント使ってんのかなーいつもより唇の色が発色いい!

 

 

 

桐山くんピンチ

ののかは皆が合格する中、自分だけ落ちる
桐山くんにどうしようと相談するも、いいんじゃない?大丈夫と結婚を迫られる

夢を見て起きる
3日連続で落ちる夢を見てしまったののかは
木名瀬さんに相談する
木名瀬さんはきっと受験のストレスだよねっと明るく答えののかを励ます
神田くんとゲームの話で盛り上がる姿を目にしたののかが仲良し?と指摘すると木名瀬さんは赤面し動揺する

 

木名瀬さん久しぶりですね。神田くんと趣味もあうし良い感じじゃないですか
相変わらず女子への態度と男子への態度のギャップ激しい(笑)

 

 

 

続いてエリハに夢の話を相談するがエリハは悪夢なんてみないといつものエリハを演じる
しかし女子生徒が東京と話すのが聞こえ、闇落ちしそうになり祈りのポーズでメンタルコントロールする

 

エリハ最高ですー
エリハ主役でスピンオフやってほしい。大学編!

 

帰り道
桐山くんに夢の話をするののか
桐山くんはののかを励ましつつ、カウントダウンイルミのカップルシートの予約をしておくという

 

丸亀先生のすすめでののかは志望校近くのカフェで勉強をすることに


桐山くんがののかとLINEしていると元カノのかのんからLINE
桐山くんは即ブロックする

 

 

翌朝
桐山くんは遅刻
寝坊だという。テストの結果が戻ってきて予想外の高得点に喜ぶののか
しかし桐山くんは職員室に呼び出される。気になったののかが後を追い盗み聞きしたところ
桐山くんは成績がガクッと落ち、遅刻欠席も多くなっていると指摘される

 

元カノと何があったんでしょう・・・・明らかに前話も元カノ出てきた後風邪ひいたし

 

かのんは学校で桐山くんとの再会は運命だと友達に語る
LINEをブロックされたのに運命だというメンタルに友達は呆れる

ののかは桐山くんに悩みを聞けずにいた
帰り道偶然、真太郎とエリハに遭遇したののかは何か聞いていないかと相談
真太郎はあいつ、ののかちゃんを好きすぎるかも!と語りだす

 

 

 

真太郎が思いついた時の、エリハとののかの反応(笑)
とくにエリハの顔最高です、どんだけ深刻な顔してんだよ

 

真太郎はののかが好きすぎて勉強が手につかないのかもと説明
ののかが私じゃあるまいしと赤面しながら否定するも
エリハが確かに桐山くんはののかのことを相当好きだと後押し

 

結局結論は出ず、カフェで勉強する時に聞こうと決めたののか
ふたりで大学そばのカフェへ
席について改めて話を切り出したののか
しばらくしてから桐山くんはこの前コンビニに・・・・と話だしたところでかのんが登場
ののかは誰だろうと思いながらも親しげに桐山くんに話しかけるかのんに会釈
しかしかのんは無視して桐山くんに離し続ける

 

 

カチンときたののかは桐山くんのそばへ席を移動
桐山くんは彼女だと紹介
かのんは負けじと前カノですと自己紹介
私も勉強しようかというかのんに桐山くんはあっちですればと指差す
ののかも桐山くんに抱きつきながら、直也とふたりでやるのでとアピールする

 

「直也」でましたーーー
かのんの謎、深まるばかり
明らかに悩んでることはかのんに関係ありそうですね

かのんと別れた後、かのんが一時期ストーカーになったとかですかね?
とは言え面と向かっても桐山くんそんなに動揺もしてないしね・・・なんだろう

それとも真太郎説が正しくて、ののかのこと好きすぎて前カノにあわせたくないとか、そういうこと?

 

素敵な彼氏 45話へ続く

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。