4000年ぶりに帰還した大魔道士 最新 90話 ネタバレ 感想 ヒドラを追う

4000年ぶりに帰還した大魔道士の最新90話を読んだネタバレあり感想です。フレイはリキからもらったインドラの結晶を飲み八成になる。スノーと共にリキのもとを訪れたフレイ、そこでデミゴッドが現れとっさに姿を隠した・・4000年ぶりに帰還した大魔道士はピッコマで人気連載中

 



スポンサーリンク


 

90話の続き、4000年ぶりに帰還した大魔道士最新91話のネタバレ感想はこちら

前話、4000年ぶりに帰還した大魔道士 89話のネタバレ感想はこちら

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 前話 89話 振り返り

4000年ぶりに帰還した大魔道士 89話 ネタバレ

フレイはインドラの結晶を飲む決意をする。先にマナを増幅する木の実を食べ瞑想モードのイバンの隣に座る。目を覚ましたイバン、先にフレイが目を覚ましていた。フレイは結晶の力で八成

スノーと共にリキの元を再訪するフレイ。ドアノブに手をやるとリキから身を隠すように指示が飛ぶ。とっさに隠れたふたり。部屋の中から出てきたのはメドューサのような姿をしたデミゴッドだった

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 最新 90話 ネタバレ 感想

 

ヒドラ VS フレイ

隠れていたスノーが体勢を崩し、隠れていた草が揺れてしまう
メデューサのようなデミゴッド、ヒドラは音のする方へ歩き出す

リキが、私のアポストルがいるからだと説明すると
ヒドラはさっきと言っていることが違うと反論。リキがデミゴッドはお互いアポストルの正体は明かさないと応える。

しかしヒドラは納得せず、この間殺されたノーズドックのアポストルもエルフだったと追求を続けようとする
次の瞬間リキが斬りかかる

 

 



スポンサーリンク


 

(もう!スノーなんでちょっと体勢崩しとん!!! ヒドラめちゃ鋭いですねー。なかなか追求シてきましたね。)

 

裏切り者はリキだったかと笑うヒドラ
アナンタにチクると言って分裂し逃走

リキが刀だ斬り刻む。ヒドラの血は強い毒なのを地面に落ちた様子からフレイは理解した。

またフレイはあれがアポカリプスの剣術かとリキの剣さばきの速さに驚いていた

 

(アポカリプス=デミゴッドの最高委員でしたね。ヒドラ、思ったより弱かったんでヒドラはアポカリプスじゃないデミゴッドなのかな?あと今回、ロードとアナンタって名前が登場しましたね。ふたりともアポカリプスなのかな?)

 

リキは2匹のがしたという
南に逃げたのを片付けるから、もう1匹を足止めしろと指示

ヒドラの弱点が火だと伝えた

 

(うおー、まだ死んでなかった。しぶとい)

 

 

 

逃げたヒドラの一部に追いついたフレイとスノー
緑色の毒にやられそうになるスノーをフレイのバリアが守る

 

(バリアとか・・いいなー。)

 

時間を稼ごうと善戦するスノーだったが、力尽きそうに・・・
死を覚悟したところでフレイが「アナザーサン」を放つ

太陽と見間違えるくらいの大きな炎の塊を喰らいヒドラは塵と化した

 

(アナザーサン!!フレイかっけー、これぞ八成)

 

フレイは4000年の間、魔導学の考察を繰り返し超高速演算能力が身についていた
それが八成になり使えるようになったおかげで4000年前の八成のときとは次元が違う強さを身に着けていたのだった

 

いやー結晶飲んで良かったですよね
9分の1とはいえデミゴッドもやっつけれたし、最後デミゴッドに勝てる!!みたいな感じで自信もみせていたので
八成の実力はまだこんなもんじゃなさそうです

急に雑魚キャラ化しちゃったスノーはここでお別れですかね・・・・

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 91話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。