4000年ぶりに帰還した大魔道士 95話 ネタバレ 感想 ドラゴンと約束

4000年ぶりに帰還した大魔道士の最新95話を読んだネタバレあり感想です。リキに命じられフレイは錬金術師のヘクターから神力を隠す仮面をもらいに。ヘクターは自らが凄腕の錬金術師で元ドラゴンだと打ち明けた・・4000年ぶりに帰還した大魔道士はピッコマで人気連載中

 



スポンサーリンク


 

95話の続き、4000年ぶりに帰還した大魔道士96話のネタバレ感想はこちら

前話、4000年ぶりに帰還した大魔道士 94話のネタバレ感想はこちら

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 前話 94話 振り返り

4000年ぶりに帰還した大魔道士 94話 ネタバレ

追っ手を撒いたリキとフレイ。リキはある家に入り仮面を受け取ってこいと指示。フレイが家のドアを開けると地下へ続く階段が。そこには骨董品店が。

骨董品店の店主、ヘクターは仮面を手渡そうとしてフレイが手首につけていたブレスレットをみせてほしいと懇願。拒否するフレイ、100万マナの核でゴーレムを作れるか尋ねるとヘクターはそれが出来そうな最高錬金術師は大陸に3人いると語だし、その一人は自分だという。ヘクターは自らの正体がドラゴンだと打ち明けた。

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 最新 95話 ネタバレ 感想

 

ドラゴンとの約束

自らをドラゴンだと打ち明けたヘクターだが、笑って今の話は忘れてくれという
フレイはデミゴッドがドラゴンを殺さずに、服従させ手下にしたのはいかにもデミゴッドらしいと考えていた

ヘクターはフレイが話を信じたのだと理解し、話を続けた
アポストルがここにやってきて私の姿をみることでアポストルになった自分の選択が間違っていなかったと感じさせたいのだという

 

(デミゴッド策士というかめちゃ考えてますね)

 

ヘクターはフレイは他のアポストルとは違う、同情を感じるという
フレイは同情ではなく敬畏だと応える

 



スポンサーリンク


 

デミゴッドの危険性をいち早く感じとり、戦ったのがドラゴン
人間はそのサポートをしただけだと

 

(ドラゴンそんな強いんですね。。。いつか復活させられるのかな?)

 

仮面をフレイに手渡すヘクター
フレイはここにずっといるなら100万マナの核を持つゴーレムの肉体を作ってくれと依頼
ヘクターは驚きながらも、それはブレスレットをみせてもらうだけでは割があわない、ブレスレットをくれと要求
フレイはわかりましたと即答し、龍言で約束してほしいと応えた

 

(龍言?龍語みたいな?どんな響きなのか興味わきます)

 

ヘクターはブレスレットを欲しいと言ったのは冗談だと笑う
一度だけ見せてくれれば十分だという

完成まで最低半年はかかる、それ以降にまた来るように伝えた

 

(楽しみですね。ゴーレムの完成。そして、ヘクターとの再会も。)

 

リキのもとへ戻ったフレイ
夜道を歩くふたり

フレイは会議までまだ1ヶ月はあるがどうするつもりなのかと尋ねる
リキはルアノブル王国について語りはじめた

 

 

騎士の国と呼ばれているが、もっとも腐っている国
ダラマン侯爵という貴族は私腹を肥やすため、未だに奴隷を扱っているのだという

目の前に広がる山を指差し、あそこに奴隷収容所があると

 

(新展開きましたね。まだ会議まで1ヶ月もあったんだ・・・)

 

奴隷制度は廃止されたはずだと憤るフレイ
意外と世間知らずだなとリキ
裏の世界では続いていて、需要が逼迫しているのだという

リキは以前フレイがクズは迷わず殺すと言っていたし、1ヶ月の間に神力を使っておいたほうが良いのであそこの奴隷農場を全て潰せと命じた

 

奴隷農場・・・ってすごい言葉ですね
奴隷農場で助けた人たちと新たな出逢いがありそうです

農場はサクッと潰せそうな気がするのですが1ヶ月とあるのでダラマン侯爵を殺すとこまでセットですかね

 

 

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 96話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。