4000年ぶりに帰還した大魔道士 97話 ネタバレ 感想 奴隷農場編完

4000年ぶりに帰還した大魔道士の最新97話を読んだネタバレあり感想です。リキの司令によりフレイは奴隷農場へ忍び込む。奴隷たちが不遇な扱いを受けているのを目の当たりにして、フレイはダラマン侯爵含め皆殺しに・・4000年ぶりに帰還した大魔道士はピッコマで人気連載中

 



スポンサーリンク


 

97話の続き、4000年ぶりに帰還した大魔道士 最新98話のネタバレ感想はこちら

前話、4000年ぶりに帰還した大魔道士 96話のネタバレ感想はこちら

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 前話 96話 振り返り

4000年ぶりに帰還した大魔道士 96話 ネタバレ

フレイはリキに命じられ奴隷農場だという砦へ。そこはリキのいうとおり奴隷たちが収容されていた。エルフや獣人、ドワーフ、モンスターまでも奴隷として捕らえられていた

リキは奴隷がぞんざいな扱いを受けているのを知りキレてそこにいた傭兵たちを殺す。砦にいたダラマン侯爵もフレイの手により殺された

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 最新 97話 ネタバレ 感想

 

奴隷農場編クライマックス

奴隷を解放したリキとフレイだったが、奴隷たちは行くあても、生きる理由も失い
どうして良いかわからず戸惑っていた

フレイはこれから1ヶ月でお前達を奴隷にしたヤツを殲滅する
自分が新しい主だ、何が自由かは自らの目で確かめろと伝えた

 

(伊達に4000年生きてませんね。かっこいいですフレイ)

 

フレイは後ほどリキに説明する
絶望しか知らなかった人間に、中途半端な優しさは苦痛で
自由を知らなかった人間に、突然の自由は死刑宣告と同じだと

 

 



スポンサーリンク


 

(ちょっとまってなにかの歌詞ですか?)

 

今彼らに必要なのは考える時間で
同じ境遇の人間を救えば自由の意義が見つかるかもしれないという

 

(今日のフレイさん饒舌で詩人だわ・・・)

 

翌日から1ヶ月の間
フレイと元奴隷たちは奴隷農場を次々と破壊し奴隷を解放し続けた

すべての農場を破壊し終えた後、元奴隷だったベケンドは増えた仲間を食わせるため
必死に働くと語る

フレイに言われた自由が何なのか自分の目で確かめるという言葉
自分の目で確かめること自体が自由だったのだなと涙する

 

(ええ話や・・・)

 

イスパニア山脈へ行くというベケンドたちと別れたフレイ
リキにそろそろ俺たちも会議へ行かないとというと、リキはここが会場だと応える

空が明るく光りだす・・・

 

 

 

ベケンド逃げてーーー!!(笑)
会場が奴隷農場がある場所で、リキが掃除係だったとかいう話ですか?笑笑

遂に会議開始ということですが、秒でフレイの正体がバレやしないかとドキドキですね

 

4000年ぶりに帰還した大魔道士 98話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。