東京リベンジャーズ 206話 ネタバレ 感想 ムーチョと三途

漫画「東京リベンジャーズ」、最新206話「Let you down」のネタバレ感想です。半間は稀咲と出逢った瞬間から稀咲に惹かれ、常に行動をともにしてきた。稀咲が死に墓参りにやってきた半間は稀咲と約束していた話をしはじめる・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

206話の続き、東京リベンジャーズ最新207話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 205話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 205話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 205話 ネタバレ

半間が新宿で暴れているところに、愛美愛主の長内がやってきて稀咲を紹介する。稀咲をすぐに気に入った半間は常に稀咲と行動を共にするようになる

稀咲は常に裏で人を操り舞台を創ってきた。半間はそれをサーカスのようだと喜んだのだった。稀咲はどうして自分についてくるんだと尋ねる、半間は稀咲が死んだら教えてやるよと応えた

稀咲の遺体を前に涙する半間、それからしばらくして稀咲の墓参りにやってきた半間。約束通り稀咲への思いを語り始めた

 

東京リベンジャーズ 最新 206話 ネタバレ 感想

 

ムーチョと三途の番外編

 

東京卍會伍番隊隊長武藤泰宏
ある日マイキーから他の隊じゃ手を付けられないと、三途春千夜の面倒を任されたのだった

 

 



スポンサーリンク


 

伍番隊は卍會の内輪のスパイ
ある日、ふたりで将棋を指す
穴熊で手堅く王将を守る三途に、意外だとムーチョ
王が何よりも大切だと三途が応えると、ムーチョは四谷のチームと揉めたのもそれが理由かと理解し
自分のことも大切にするようにとアドバイスする

 

ふたりとも将棋わかるんですね。渋いっす
にしても、三途はまつげボッサボサで美形ですねー

 

ムーチョはその傷で損しているとマスクを手渡す

三途は忠誠心を見せ、腕っぷしも強かったことから半年後には伍番隊の副隊長に
その後、乾と九井を、武道を拐った時も三途は疑問を持たずにムーチョのいうことを聞いたのだ

 

 

ムーチョはトーマンを捨て天竺へ
自分の道を行くように三途に伝えるも、三途はついていきますと笑顔で応えた

 

ここだけ切り取るとめっちゃ良き関係ですね
卍會は隊長副隊長の仲の良さ、絆の深さが魅力的です!

 

半年後
鑑別所から出所したムーチョを三途が出迎える
三途が連れて行ったのは、第三埠頭
天竺との関東事変決戦の地だった

 

やっぱ「お努めご苦労様」とかいうんですね・・・(笑)

 

この日を待ち焦がれた、裏切り者と
三途は日本刀を取り出してムーチョを斬りつけた

 

!!!OMG
兄弟愛感じてたとこなのに・・・まさかの日本刀でバッサリ

 

このためにずっとお前を欺いてきたと三途
将棋を指した時に伝えたとおり、王(マイキー)が何よりも大切なのだと続けた

 

 

裏切りの報いだと覚悟を決めたムーチョの目には涙が
三途はもう一度斬りつけてとどめを刺した

ムーチョの死体は2008年に東京湾で白骨化して見つかる

 

壮絶・・・
番外編だっていうからほっこりしたエピかと思ったんですが
三途のクレイジーっぷりが際立ったエピでした。マイキーにどうしてここまで忠誠を誓う事になったのかは
またいつか語られるのでしょうか

 

次回からの新編スタート楽しみです

 

東京リベンジャーズ 207話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。