東京リベンジャーズ 208話 ネタバレ 感想 3人のカリスマ 三天時代

東京リベンジャーズ、最新208話のネタバレ感想です。高校時代にタイムスリップした武道、千冬との再会を喜びつつ事情を説明する。マイキーは関東卍會として三途や九井たちと行動をともにしていた。最終章の幕が上がる・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

208話の続き、東京リベンジャーズ最新209話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 207話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 207話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 207話 ネタバレ

12年前ではなく10年前にタイムスリップした武道。高校2年となっていた。

高校で千冬と再会、涙ながらにマイキーと握手したら高校時代にタイムスリップしたのだと事情を説明する。

関東卍會としてマイキーは、三途や九井が見守る中ひとりで敵対する暴走族を鎮圧した。

 

東京リベンジャーズ 最新 208話 ネタバレ 感想

 

その後の関東の事情

千冬はマイキーがトリガーということは簡単に未来に戻れないぞと武道に指摘
武道はマイキーは今どうしているのかと尋ねる

 

(さらっと千冬大事なこといいましたね・・そうだよなー、マイキーがトリガーとかカジュアルに未来に戻れなさすぎでしょ。解決するまで戻れないですね。というかさすが千冬様)

 

 



スポンサーリンク


 

不良辞典と呼ばれる山岸が東京の勢力図について語りだす
東京卍會の解散から一時は戦国時代と化したが
3人のカリスマが登場し、終止符を打ったのだという

港区を拠点とした最大勢力、六波羅単代、総代 寺野サウス

新宿区を拠点とし最強を謳う、謎の愚連隊 梵(ブラフマン)、首領 瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)

渋谷区を拠点とし無敵を謳う、関東卍會、 総長 佐野万次郎

 

(寺野サウス(笑) 恐竜みたいな名前最高です。
梵のジャージ?めっちゃかっこいいじゃん。
寺野はあんまり強くなさそうだけどぶっ飛んでる系ですかね、瓦城とマイキーが最強VS無敵ってことで盛り上がりそうです。

にしても本当にキャラデザお見事です。全キャラかっこよすぎる)

 

武道はマイキーが直ぐに関東卍會をつくったのは、周りを巻き込みたくなかったからだろうと理解
深刻な表情の武道に、地冬は視野がまた狭くなっていると指摘
マイキーに思うところあるだろうが、まずケジメを付ける相手がいると言う

 

 

 

武道はヒナに結婚をすっ飛ばして死んでしまったと土下座
ヒナは未来の武道だと理解

帰り道
武道は結局マイキーを救わなきゃ終われないんだと語る
ヒナはその選択が間違っていて、最悪の未来になっても応援するよと微笑んだ

 

(10年前もまだ良い子。ヒナの高校と武道の制服違うので2人は別々の高校行ったんですね。ヒナは賢いもんな・・・)

 

武道はマイキーをぶっ飛ばす決意をする

 

次号から最終章本格始動ってとこですかね
関東卍會を調べていくうちにトラブルに巻き込まれていく・・・って展開でしょうか
トーマンのときみたいに関東卍會入するのかなー、マイキーは未来から来た武道だってわかってるっぽいし、
周りを傷つけたくないとも言っていたので、それはないんですかね。代わりに梵に入ってあのかっこいいジャージ着る武道が見てみたいです

 

東京リベンジャーズ 209話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。