東京リベンジャーズ 220話 ネタバレ 感想 未来を変える力

東京リベンジャーズ、最新220話「Bull’s-eye」のネタバレ感想です。武道は千咒と遊園地デート。千咒と握手した武道は千咒が死ぬ未来が再び見える。それはふたりがいる遊園地で起こり、しかも今日この後起こることだった・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

220話の続き、東京リベンジャーズ最新221話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 219話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 219話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 219話 ネタバレ

千咒に誘われて遊園地にやってきた武道。千咒は小2以来だとはしゃぐ。ふたりでジェットコースターに乗った時に千咒は三大戦争について語る

武道にはドラケンと関東卍會を攻めてほしい。その間に武臣と千咒は六波羅単代を叩くと。千咒は武臣がブラフマンを大きくしたいと考えており、大きくなると不幸になる人が増えるから、その前に三大戦争を終えたいのだという

千咒と武道は七夕の短冊に願い事を書く、武道を守ると書いた千咒は友達になってほしいという。武道が握手すると再び未来が見える。それは今二人がいる遊園地で起こることで、雨が降り出した今日なのだと理解する。同じ頃、乾は六波羅単代の良くない噂があるとドラケンに武道に連絡するように伝えた。

 

東京リベンジャーズ 最新 220話 ネタバレ 感想

 

未来を覆せ

雨が降り出した遊園地
屋根のあるテラスで軽食を取る千咒と武道
武道は千咒が死ぬビジョンについて考え込んでいた

トイレへと発つ千咒、武道は考え込んでいたせいで目を離してしまう

 

(ちょっと守る気ある?武道しっかりしてよ!!)

 

トイレへと急ぐ武道
途中でふたりで飾った短冊に目が留まる。武道を守ると書かれた短冊、見えた未来では千咒は約束を守ったと言っていた・・・
ピンとくる武道

 



スポンサーリンク


 

そこへ六波羅単代のメンバーがやってくる
武道は狙われていたのは千咒ではなく自分だったのだと理解する

 

(武道、千冬がそばにいてくれたらあれこれ相談できるのになーーー)

 

六波羅単代の下っ端たちは銃を取り出して武道を殺そうとする
千咒が異変に気づき走ってやってくる。武道は千咒が自分を守るために死ぬのかと気づき
来るなと叫ぶ

銃が放たれそうになり、武道は六波羅単代に向かってではなく千咒へ向かってダイブ

 

(千咒が「えぇ!!?」って言ってたけど。そのとおりですね。びっくりするよね。こっち??みたいな)

 

弾はふたりを逸れる
死んじゃ駄目だと武道が言うと、千咒の胸が高鳴った

 

(胸キュン展開きたあああ(笑) まってましたーーー。こういうの最近の東京リベンジャーズに足りなかったな。確かに。)

 

 

 

もう一度撃とうとする男
次の瞬間、男を殴って気絶させたのはドラケンだった

 

ドラケンくるの速い
頼もしい!!
ドラケンは初期出番多かったんですが、最近はめっきり活躍らしい活躍もなかったので活躍してくれると嬉しいなー

見えた未来が変えられることがわかったわけですが、発動条件はまだ謎ですよね。
とにかく大切な人とはボディタッチを欠かさないようにしなきゃですね・・・

 

東京リベンジャーズ 221話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。