東京リベンジャーズ 223話 ネタバレ 感想 ドラケンが最後に見たのは

東京リベンジャーズ、最新223話「Good old days」のネタバレ感想です。六波羅単代の下っ端たちの銃弾を武道に代わり受けたドラケン、武道は意識が薄れゆくドラケンに声をかけて励まそうとする。ドラケンはマイキーへの想いを語る・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

223話の続き、東京リベンジャーズ最新224話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 222話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 222話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 222話 ネタバレ

ドラケンが銃弾に倒れ、武道は声をかけて励ます。ドラケンは武道に自分のせいだと思わないで良いと言葉をかけ、マイキーへの想いを語った

 

東京リベンジャーズ 最新 223話 ネタバレ 感想

 

ドラケンの見た走馬灯

救急車へと担ぎ込まれたドラケン
薄れゆく意識の中、思い出すのは2005年1月1日の初日の出暴走

東卍初期の頃
幹部たちがそれぞれ自らの成果について語り合う

 

(場地!!あああやっぱかっこいいわーーー)

 

 



スポンサーリンク


 

九十九里の海岸へ到着した幹部たち
時刻は4時
寒さを紛らわそうと、走り始める

大騒ぎして汗だくになった頃、初日の出があがる

マイキーはドラケンと全国制覇を誓う

 

(あかん・・・・涙腺が)

 

ドラケンは最後に思い出すのはやっぱりお前達、東卍か・・・
今行くぜエマ・・とつぶやいた

 

さすがに2回は死なないでしょって思ってたのでショックです
どこかで元気になるのだとばかり・・・
ここまでちゃんと死が描かれたら、間違いなさそうです。

ツラすぎます・・・マイキー救うためにドラケンしんじゃあ駄目じゃん・・・・

 

東京リベンジャーズ 224話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。