東京リベンジャーズ 226話 ネタバレ 感想 ワカとベンケイの過去

東京リベンジャーズ、最新226話「Dynamic duo」のネタバレ感想です。ドラケンの死を機に六波羅単代、ブラフマン、関東卍會が集まり三天による戦争がはじまる・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

226話の続き、東京リベンジャーズ最新227話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 225話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 225話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 225話 ネタバレ

六波羅単代、ブラフマン、関東卍會の三天が集まり、戦争がはじまる。明司はドラケンの敵討ちと寺野サウスへ一直線。ベンケイとワカが続く

九井はいつもと変わらない様子のマイキーに驚く。マイキーはしばらく様子見だという

 

東京リベンジャーズ 最新 226話 ネタバレ 感想

 

六波羅単代 VS ブラフマン

鶴蝶はマイキーめがけて進むも、動きがないのを不審に思う
背後から春千代が鉄パイプで鶴蝶を殴る

武器を使えば楽勝だという春千代に灰谷蘭が警棒で応戦

 

(ここ、面白くなってきましたね!!圧倒的に春千代不利ですけど・・・九井が助けに入るのかなー?それともマイキーくる??他の幹部が出てくるかな??)

 



スポンサーリンク


 

 

他方では望月莞爾が大暴れ。トーマンは張り合いがないと怒鳴る

 

ベンケイとワカが六波羅単代の雑魚100人を一蹴
ふたりの過去について千咒が語りだす

初代ブラックドラゴンが出来るまでは関東はあの2人が占めていた
西はベンケイのチーム、ラグナロク
返り血で巨体が染まるので、ベンケイは当時レッドクリフと呼ばれていたのだった

 

(レッドクリフ!!いやかっこよすぎやろ。ベンケイ、そんな昔からいるってことは今結構いい年齢なのかな?)

 

東はワカが率いる対抗勢力、煌道連合
当時、ワカも白豹と恐れられていた

その後対立する2人をまとめたのが佐野真一郎だったのだ

 

(昔のワカもかっこいい!!)

 

 

 

ふたりはマイキー級だと認めた寺野に立ち向かう
寺野はヴィィィィヴォォォォと雄叫びをあげて気合を入れる

 

寺野がクッソ強いって展開ですかねー。。。マイキー級か・・・
このまま2人が勝っちゃったら六波羅単代が大したことなかったってオチになっちゃいますしね

 

東京リベンジャーズ 227話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。