東京リベンジャーズ 227話 ネタバレ 感想 ギャング育ちの寺野

東京リベンジャーズ、最新227話「Gangster」のネタバレ感想です。ブラフマンのワカとベンケイはブラックドラゴン創立前に関東を二分し争っていた。ふたりは六波羅単代のヘッド、寺野サウスに攻撃をしかける・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

227話の続き、東京リベンジャーズ最新228話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 226話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 226話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 226話 ネタバレ

六波羅単代、ブラフマン、関東卍會の三天が集まり、戦争開始。六波羅単代のヘッド、寺野サウスに対峙するのはブラフマンのワカとベンケイ

ふたりはブラックドラゴンが出来る前に関東を二分し争っていた仲で、最強と恐れられていた。

 

東京リベンジャーズ 最新 227話 ネタバレ 感想

 

寺野サウスのヒストリー

寺野サウスこと、寺野南はブラジル、リオデジャネイロの貧困街で育った
病弱な母との2人ぐらしをしていた

ディノというギャングが寺野に生きる術を教え、寺野は5歳で人を銃殺したのだった

 

(なるほど・・ってちょいちょいちょーーい。寺野サウスは芸名?なんかーい!そして急なブラジル編。でも面白い)

 

 



スポンサーリンク


 

ディノに命じられた殺しで初めて稼ぎ、その金で靴を買った
12歳でディノを殴り殺し、自らのギャングチームができた
しかし14で敵対するギャングに母が殺され、自らも負傷。寺野は日本へ移住することとなった

 

(壮絶・・・ディノをどうして殺さなければならなくなったのかも知りたいですね)

 

天竺のメンバーと出会ったのは2006年2月
鑑別所でのこと

全員をのした寺野が2007年に出所
そのタイミングで六波羅単代を設立した

 

(全員とタイマンしたのかな?見る限りでは複数相手で勝っちゃってる感じですよね・・・)

 

寺野はその後、鶴蝶も倒し仲間に加えたのだった

 

時は現代
ワカとベンケイは寺野相手に苦戦

鶴蝶は戦う3人を見つめ、暴力に愛された寺野には誰も勝てないと考えていた

 

 

 

あいやー・・・ワカとベンケイの肩書も虚しく感じるくらいブラジルのギャングストーリーは強烈でしたね
これはちゃんと千咒が出なきゃ終わんないかなー
もしくはマイキーが急にキレちゃって参戦でしょうか?

誰が寺野とタイマンはれるのかな・・
そして寺野って幾つなんでしょう

 

東京リベンジャーズ 228話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。