東京リベンジャーズ 230話 ネタバレ 感想 軍神 武臣の過去

東京リベンジャーズ、最新230話「Get stuck-up」のネタバレ感想です。鶴蝶はマイキーの元までたどり着く。武臣が案ずるも、千咒は華麗な飛び蹴りを寺野サウスに決める、サウスは倒れた・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

230話の続き、東京リベンジャーズ最新231話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 229話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 229話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 229話 ネタバレ

鶴蝶はマイキーと九井の元までたどり着く。マイキーとは一度本気でぶつかりたかったという

寺野サウスに対峙する千咒。武臣は自分ら3人でやると止めるが、千咒は聞かず飛び蹴りをサウスにかます。サウスは倒れた。

 

東京リベンジャーズ 最新 230話 ネタバレ 感想

 

武臣の過去

初代ブラックドラゴンの副総長を務めた武臣
周りからは軍神と呼ばれていた

しかし、子供の頃は平凡だった
幼馴染の佐野真一郎には自然と人が集まり
ベンケイとワカも真一郎に魅せられてブラックドラゴンに集まったのだ

武臣は真一郎のそばにいただけで、副総長となったのだった

 

(武臣の過去、平凡だったってところが少し武道に被りますね。にしても初代ブラックドラゴンはメンバー濃いなー)

 

 



スポンサーリンク


 

武臣はナンバー2となり、増長
ブラックドラゴンが解散した後も威光を利用し続けたが
5年後にはメッキが剥がれ、借金を抱えたタダの人になってしまった

 

(ちょっと、解散後の話のほうが面白いじゃないですか。どうして借金したんだろうか。事業でもやろうとしたんですかね)

 

更に5年が過ぎ、2006年のある日のこと
ボクシングジムに通う妹の千咒が、マイキーと戦ってみたいからチームを作ると言い出す

そして、信頼できる人間に舵取りを任せたいと武臣を頼ったのだった

武臣は再び自分の居場所ができたことに感涙し、尽くすことを誓う

 

(妹が笑顔で暴走族作りたい!って言って問題ない感じなのってよくよく考えるとすごくない?(笑))

 

回想シーン開け

千咒に手加減させてしまっていたのかと自分を責め涙する武臣
千咒の信頼を失い、ドラケンも失ったと

 

(ああ・・・ドラケン・・・辛い)

 

千咒は全部自分のせいだと反論
ブラフマンの首領として自分が不甲斐なかったせいだ

自分ができるのは目の前のサウスを倒すことだけだと続けた

サウスは立ち上がり、久々に本気になれそうだと覇気をまとう

 

 

 

サウス、一発で終わったわけじゃなかったですね
次回が本気勝負って展開になりそうです

鶴蝶とマイキーも気になるなー。鶴蝶がきっと秒殺されてマイキーやべーってなるんだろうな・・・

 

東京リベンジャーズ 231話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。