東京リベンジャーズ 234話 ネタバレ 感想 三天戦争の結末 その後

東京リベンジャーズ、最新234話「There is no mending」のネタバレ感想です。寺野サウスを殴り殺したマイキー、あたりが騒然となる中で九井は抗争の終結をアナウンスするもマイキーは止まらない。武道はマイキーに殴られ続ける・・・「東京卍リベンジャーズ」はマガジンで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

234話の続き、東京リベンジャーズ最新235話のネタバレ感想はこちら

前話、東京リベンジャーズ 233話のネタバレ感想はこちら

 

前話 東京リベンジャーズ 233話 振り返り

 

東京リベンジャーズ 233話 ネタバレ

寺野サウスにとどめを刺すマイキー。周りはサウスの死に騒然とする。九井が三天抗争の終結を宣言。関東卍會の勝利だという

しかしマイキーは止まらない、やりすぎだという武臣を蹴り倒し、止めに入った武道も殴り続けた

 

東京リベンジャーズ 最新 234話 ネタバレ 感想

 

武道の決意

目を覚ました武道は病院のベッドの上だった
隣には九井が
武道は3日寝ていたという

どうして生きているんだ?と記憶が蘇った武道
マイキーに殺されそうだったが千咒が頭を下げてブラフマンの解散と引き換えに武道を救ったのだと九井が説明

 



スポンサーリンク


 

 

三天戦争は六波羅単代を関東卍會が吸収
ブラフマンは解散ということになり終結したのだ

 

(なるほど・・・・勝者である関東卍會の九井が病室に来るのは納得ですね。にしても優しい。)

 

九井は三天戦争の後始末があるからと病室を出る
武道はあのマイキーは自分が知らないマイキーだと考え
自分は何をしているんだと自らを責めた

そこへ千冬がやってくる
ドラケンの葬儀に出たという千冬は号泣しながら、どうして未来で会ったって言ってたドラケンが死んでるんだ
お前が戻ってきたから・・・お前のせいでと武道を責めてしまう
自分が口にした言葉に気づき、口を抑え謝る千冬に、武道はいいんだ・・・自分のせいだからと応えた

 

(これは・・・キツイ。そうかドラケンのお葬式まだだったか。。。本当に死んじゃったんだな・・・)

 

 

 

一人にしてほしいという武道に、千冬は早く怪我を直せと伝え部屋を出た
花を花瓶に入れて戻ってきたヒナが病室の前で千冬に遭遇

武道はこれからは誰も巻き込まず、ひとりで闘うのだと決意した

 

ひとり・・・・ったってどうするんだろう
千咒は助けてくれないんですかね、もう

マイキーは何をどうすれば正気に戻るのか?黒い衝動を抑えられる何かがあれば良いんですがね・・・・
もうドラケンもいないしな

公式パロディの「東大リベンジャーズ」読み始めました。めちゃ笑えます!

 

東京リベンジャーズ 235話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。