東京タラレバ娘 シーズン2 第6話 ネタバレ 感想 串カツ屋デート

東京タラレバ娘 シーズン2最新第6話「野暮な女」のネタバレ感想です。よしおたちとデートしてみる令菜。親からは婚活費用として10万円をもらう。デートを重ねるたびに令菜は自分がいかにつまらない人間かを思い知らされてしまう。KISS12月号掲載エピソード

 

 

6話の続き、東京タラレバ娘最新7話のネタバレ感想はこちら

前話、東京タラレバ娘 シーズン2 5話のネタバレ感想はこちら

 

東京タラレバ娘 シーズン2 第5話 振り返り

 

東京タラレバ娘 シーズン2 第5話 ネタバレ

令菜はボーイズバーのよしおたちとデートに。まずは3号と呑んべえへ。しかし3号のハイスペぶりに自分のつまらなさに気づき愕然とする

親から婚活費用として10万円をもらった令菜だったが、よしおたちとのデートで奢らないといけないことを昭子から教えてもらい焦る

3号からのフィードバックを受けて、5号とのデートは映画へ。しかしアクションシリーズ物を選択してしまい5号はついていけず、その後の食事の席で説明しようとするもうまく行かず自分のつまらなさをまた感じてしまう。

ワンピースをネットで買って着飾ってみるも気分は上がらず、7,10号とのデートもうまく行かなかった。10万を使い切った令菜はよしおにまずは自分に恋しなきゃだめだとわかったと告げる

東京タラレバ娘 シーズン2 第6話 ネタバレ 感想

 

扉絵はタピオカ飲んでる令菜!
来年見たら、懐かしく思うんでしょうねタピオカ

 

 

 

串カツ屋での告白

令菜は自分に恋する方法をググるもぼんやりしたことしか書いていなかった
昭子は本を読めとアドバイス
何かオススメはないか訊くも、昭子は歴史小説しか読まないと相手にしない

 

昭子ワールド初っ端から炸裂!

 

そこへよしお1号が登場
仕事終わりにデート行こうと誘う
割り勘でいいからと昭子と沼袋さんも一緒に皆で近くの串カツ屋へ

 

よしお1号、優しくないですか?職場まで来てデート誘ってくれるとか
しかも割り勘で、串カツで良いなんて良心的(笑)

 

 

 

令菜は男とふたりでいる時の自分が嫌いだと語りはじめる
20の頃は前日見たテレビの話をしていればよかったが、今じゃもう持たない
これが歳を取るということなのかと
令菜は歳を取るにつれ次第に恋愛から遠ざかってしまったのだった

 

令菜が半生振り返るシーンは・・・キッツイですね。これ
うわーこれ私じゃんって人多いんじゃなかろうか
令菜に完全に感情移入しちゃいます

 

よしお1号は恋愛ブランク明けに自分と付き合うのはどうかと提案
令菜は飲もうとしていたお酒を吹き出す、1号は見事メニューで防御
本気だという1号にお金ならないし、励ましの言葉ならありがとうと令菜
引き下がる1号に、私のこと別に好きじゃないですよね?と返す

 

 

話を聞いていた昭子がだからだめなんだと席を立つ
お前は無粋だ、フレンズで何を観てきたと昭子の返答を叱る

 

※レバーフライ で笑った。※
今日の昭子は冴えてる!!

 

じゃあ何といえばよかったのかという令菜に昭子は自分に恋をするんだろうと指摘し
インターネットもスマホもない時代は良かったと昔を振り返る
Twitterもインスタもないあの頃は皆他人のことなんてどうでも良かったと
だから令菜もあの頃に30だったら今とは別人だったろうと

 

昭子と沼袋さんの昭和ブルース最高でした
その後の1号の霊?で更に笑った

 

 

 

帰り道
酔っ払った頭でどうやって1号の言葉に返すのが良かったのかと一人反省会
無粋を検索し、自分が野暮ったい女なのかと考え始めると
黒いタラとレバが現れる
毎日スマホばかりみていたらあっという間に30になり、心と身体の成長スピードがちぐはぐ
スマホを見ていたら1年一瞬で過ぎる、インスタの自分はほんとの自分なのかと指摘
令菜はインスタすらこの1年やってないとつぶやく
インスタに上げる写真すらない生活、自分に恋していない生活だと理解する

 

辛い・・・タラとレバがこんな感じで出てくるとは
たしかに串カツ屋で「タラレバ」いってたしな・・・

 

翌朝、二日酔いのまま仕事をしていると昭子がよしお2号を見つけ驚く

 

 

 

よしお2号イケメンですね!
恋の相手となるのでしょうか
出勤してないってことは何かあって店を辞めたのでしょうか

今回はぐさりと刺されつつ、昭子にほんと笑ったー
次回も昭子の登場多めでお願いしたい!

 

東京タラレバ娘 シーズン2 7話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。