私がモテてどうすんだ 番外編 ネタバレ 感想 別冊フレンド7月号

漫画「私がモテてどうすんだ」の番外編のネタバレ感想です。感動の最終回、そして4月号の番外編から3ヶ月、またまた番外編が登場。今回は同棲が発覚した四ノ宮と七島のエピソードです。別冊フレンド7月号掲載エピソード

 

 

前話、私がモテてどうすんだ 番外編のネタバレ感想はこちら

私がモテてどうすんだ 最終回のネタバレ感想はこちら

 

前話、私がモテてどうすんだ 番外編の振り返り

 

私がモテてどうすんだ 番外編 ネタバレ

六見先輩の通う同じ大学へ無事進学できた花依、ふたりは同棲生活をスタートさせる

花依はソシャゲにハマり、ゲームのイベントで眠たくて仕方なかった。

花依が寝落ちしてしまった間、むつみ先輩がせっせとアイテムを集めて上げていたのだった

 

私がモテてどうすんだ 番外編 ネタバレ 感想

 

扉絵は四ノ宮と七島
しかもカラーーーー!!

四ノ宮→20歳、大学生
七島→調理師、雇われ店長

盛り上がってきたああああ

 

 

 

偶然の再会
卒業後大学でモデルデビューし、雑誌の表紙を飾るまでになった四ノ宮
打ち合わせで入ったお店で酔っ払って寝てしまい、目覚めた時に目の前に居たのはその店で雇われ店長していた七島だった

酔が醒めない四ノ宮を心配して、七島は自分の部屋へ連れて行くことに
四ノ宮がそこで目撃したのは怪しい壺と何もないガランとした部屋だった

七島には彼女がいたが、家族の治療費払ってあげたり、壺かわされたりして明らかに騙されていたのだった

 

四ノ宮が成長してイケメン度増してるっ!!モデルやってる設定だから背も伸びてるし!!
七島はあんまり変わってない(笑)

 

イツメン集合
四ノ宮は七島が騙されているのをなんとかしたいと五十嵐に相談
五十嵐は七島は頑固だから言っても聞かないしほっておけと言う
そんなとき、四ノ宮は店の外で七島の彼女が男と親しげに歩くのを目撃
後をつけるふたり、彼女はホストクラブへ入っていった。

事実を伝え、目を覚まさせようとする四ノ宮だったが
お兄さんだろ?と七島は全く騙されていると信じない

 

 

七島のバカっぷり(笑)久しぶりすぎてこんなキャラ設定だったっけ?と不安になるレベル

 

諦めない四ノ宮は決定的瞬間を抑えようと張り込みするが
そこに五十嵐が気を利かせて、仁科を召喚
仁科は女装した四ノ宮とホストクラブへ
先に入店していた七島の彼女と一緒に飲むことにして、本音を吐かせた
話を聞いていた七島はようやく自分が騙されていたことを理解する
話を聞かれていたことに気づいた彼女はフォローしようとするが、四ノ宮は七島にキスする

「ナナの本命は私なんだよ だって私のほうが可愛いんで!!」

最高やな!!(笑)
爆笑する五十嵐と仁科

七島は店の外に四ノ宮を連れ出し、礼を告げた

ってこのふたりの番外編モアモアぷりーーーず!!
今回は花依も六見先輩もでてこなかったけど面白かったです
花依いないからオタクネタゼロでしたが、それでも四ノ宮の女装とイケメンっぷりだけでご飯三杯は軽くイケるレベルですね

ぢゅん子先生の新作も楽しみだーー!!

 

私がモテてどうすんだ 番外編 完

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。