漫画 弱虫ペダル 最新 466話 感想 ネタバレ あらすじ 山でファーストアタック

漫画「弱虫ペダル」最新第466話「手嶋のオーダー」を読んだ感想です。あらすじにふれているのでネタバレ注意です。週刊少年チャンピオン45号掲載エピソードです。インターハイ最終日の山・・・最終日の山のエースから小野田を外すと言った手嶋の目的は?

 

 

466話の続き、弱虫ペダル最新第467話のネタバレ感想はこっち

前話、弱虫ペダル第465話のネタバレ感想はこっち

弱虫ペダル 第465話の振り返り

 

弱虫ペダル 第465話

IH最終日の山、小野田に続いて浪速のデーハー男が引きはじめる

手嶋がインハイ前日に小野田を最終日のエースから外すとオーダーした意図とは?

 

漫画 弱虫ペダル 最新 466話 感想

 

手嶋の最終日のエースから小野田を外す宣言は
真波に山でファーストアタックをしかけて早めに潰したいって意図からだったんですね
てっきり鳴子か今泉のどっちかをエースだって指名するのかと思ってました(笑)

この会話がインターハイが始まる前日に、この4人でされていたっていうのがなんだか切ないです…
手嶋は青八木はもう最終日の山には残ってないだろうことを覚悟してたってことですよね。。
青八木はスプリンターなんだし当然なのかもしれませんが…

にしても今泉、小野田の体調管理や練習の管理までしていたなんて・・・涙
なんていい子なんですか!
まだ小野田、去年からレベルアップしてる感そんなに出てないですが
この後の山の登りが期待できそうです。

小野田は真波の名を耳にしてドキドキして自分の世界へ(笑)

なぜだろう
真波くんが強くなってるって聞くとドキドキする

 
マイペースで微笑ましかったw

 

 

 

遂に追いつく! 泉田の頑張り分挽回
手嶋もちゃんと引いてハコガクに追いつけて感動しました
手嶋が山を走るのを見るとどうしても、真波とのティーブレイク事件を思い出しますね・・・

次回はリタイア覚悟で手嶋が根性で追いつくって展開になりそうです
手嶋、総北最初で最後のインターハイ・・・ラストランに名言が飛び出すのを期待してる!!

鳴子!!
今泉!!
ありがとよ
おまえたちの希望が無かったらオレは脚を止めてた
箱根学園に今から並ぶ!!
オレが全開で引く
すまねェー
そのあとのゴールは・・・3人で たのんだぞ

 

もう・・・こんな映画のヒーローみたいなセリフ・・・手嶋しか言えませんよ!!かっこよすぎるよ!!

 

弱虫ペダル 第467話へ続く
 

 

 

2 thoughts on “漫画 弱虫ペダル 最新 466話 感想 ネタバレ あらすじ 山でファーストアタック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。