漫画 弱虫ペダル 最新 470話 感想 ネタバレ あらすじ 手嶋と葦木場の同中勝負

漫画「弱虫ペダル」最新第470話「南中の星」を読んだ感想です。あらすじにふれているのでネタバレ注意です。手嶋と葦木場の勝負! インターハイ三日目最後の山を制するのは一体どちら?週刊少年チャンピオン49号掲載エピソードです。

 

 

470話の続き、弱虫ペダル最新第471話のネタバレ感想はこちら

前話 弱虫ペダル 第469話のネタバレ感想はこちら

前話 漫画 弱虫ペダル 第469話の振り返り

 

弱虫ペダル 第469話 ネタバレ

箱根学園に追いついた総北だったが、葦木場が飛び出す

追いかける手嶋、葦木場との一騎打ち。山頂リザルトラインまでは残す所4キロ

 

漫画 弱虫ペダル 最新 470話 感想 ネタバレ

 

同中のふたり・・・南中対決 葦木場本気モード
葦木場と手嶋の戦いが続きます
手嶋のスタミナが心配でしたけど、470話では結構元気そうですね
「体が反応すんだ 波長が気持ちいい」

アドレナリン出まくってるのかな?

 

 

葦木場も「興味の照準」っていうのがピッタリあったみたいで
これまで以上に手強そうですね
「もう ずい分前にノッてるよ!! 純ちゃんの本気の走り感じたから」

 

手嶋の刺さる名言コーナー
さすがクライマックスだけあって手嶋から名言が毎回とびだします
今回もアツいこと沢山言ってました・・・手嶋が引退しちゃったらこの役だれが担うんだよ

巷じゃ平凡な脚だ凡人だって評判なんだよ
けど
ひくつになってるわけじゃねェ
それはそれでわかった上で今のオレがあるつもりだ
歩んできた道も
目指してきた目標も間違ってねェって信じたい
だから
お前と闘って
勝って
それを証明したい

 

こんなん惚れるやろーーーー
平凡だからこそ、応援したくなるよねーーー

 

 

 

山岳賞ラインまで残り3キロ
ふたりの勝負は山岳賞ラインまでとなりました
手嶋がふたりにふさわしいと言っていたので中学時代になにか思い出があるんでしょう

今回はあまりストーリーは進みませんでしたけど
次回が表紙&巻頭カラーとのことなので楽しみですねー
カラーは葦木場と手嶋のふたりなのかな?

中学時代の回想シーンが470話はちょこちょこ挟まってたので
次回も南中時代のふたりのエピが垣間見れそうです

 

弱虫ペダル 第471話へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。