弱虫ペダル 最新 476話 感想 ネタバレ あらすじ 努力が最後 才能になるんショ

漫画「弱虫ペダル」最新第476話「大歓声」を読んだ感想です。あらすじにふれているのでネタバレ注意です。山岳賞をかけた手嶋と葦木場の闘い。ゴールは目の前、手嶋が覚醒する!!週刊少年チャンピオン4,5号掲載エピソードです。

 

 

476話の続き、弱虫ペダル最新477話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル第475話のネタバレ感想はこちら

 

前話 弱虫ペダル 第475話の振り返り

 

弱虫ペダル 475話 ネタバレ

インターハイ最終日、最後の山岳賞をかけて同中の葦木場と手嶋が争う

ゴールまで残り1.5km、観客の歓声を受けながら手嶋が覚醒しはじめる

 

漫画 弱虫ペダル 最新 476話 感想 ネタバレ あらすじ

 

2017年の弱虫ペダル連載も今回で最後になります
インハイも決着つかずのまま年越しですね、お祭りのまま年を越す感じでなんか良いですね。
手嶋づくしのインハイ2年目、最初から手嶋が主役なんだと理解して読むともっと楽しめたかも?
2年目は手嶋が主役だって理解するのに私は時間かかっちゃった
山岳賞の結果がどうあれ、手嶋にはゴールまで頑張って欲しいです

 

 

 

2018年は1月しょっぱなからアニメ!!楽しみっショ!!

 

残り500m
気づけばもうゴール目前!ついに残り500mとなりました
前回「テシマって誰だ?」の衝撃発言がありましたが、てーしまコールが続く中ペースが上がる手嶋すごいっす
目の下のクマが気になるけど・・・大丈夫かなアドレナリン切れたら死んでしまいそうだ

 

驚きすぎな田所っちたち
応援にやってきたOBのパイセンがた。
山岳賞を争うのが手嶋だと知った3人が超驚いてて笑いました
スペアバイクで主役をはる田所の「手嶋純太だ!!」が一番笑った

巻ちゃんの才能についての言葉は納得感ありました。巻ちゃんが言うからかな

才能ってのは本当ややこしいヤツでさ
ワカってるヤツは最初から見えてて派手にトバすが
ワカんねェヤツはさんざん迷う
けどたぶん最初からあんだヨ
頭の上や背中んトコにひっついてて自分じゃ見つけられないだけなんだ
だから「才能」てのは他人から見つけてもらうのさ

 

手嶋、才能開花したんだなーーー。一気に超サイヤ人ですね

 

 

 

残り300mでべた褒め
手嶋コールが止まないまま残り300m
葦木場が手嶋をべた褒め。手嶋もツッコんでたけどまた歌の話してて笑う
「オレ先輩に千葉総北の手嶋ってどんなヤツだってきかれて カラオケが上手いヤツだって言ったんだ」

そういえばそんなシーンあった気がする(笑)
手嶋は周りを期待させてる自分に気づいて高揚しちゃいました!!!
このまま手嶋が勝っちゃうの?
葦木場優しいから手嶋ノセちゃいました。これ御堂筋だったらボロカス言って凹ませたんだろうな逆に。

最後は(ヤギTシャツが気になってしょうがない)巻ちゃんの言葉で締めでした

努力てのは
もがいてあがいて積み上げて
最後
才能になるんショ!!

 

超サイヤ人化した手嶋の山岳賞期待してる!!良い年明けにしたい

 

弱虫ペダル 477話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。