弱虫ペダル 最新 482話 ネタバレ 感想 連載10周年記念エピ

漫画「弱虫ペダル」最新第482話「総北のキセキ」を読んだネタバレ感想です。インハイ最終日の山岳賞は手嶋がギリギリで葦木場に勝利し、初のタイトルを奪う。勢いに乗る総北だったが、ハコガクは新開弟が山を引き始め鳴子と一触即発のムードに。週刊少年チャンピオン12号掲載エピソードです。

 

 

482話の続き、弱虫ペダル最新 483話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 481話のネタバレ感想はこちら

 

弱虫ペダル 481話 振り返り

 

弱虫ペダル 481話 ネタバレ

インターハイ最終日の山岳賞を巡る手嶋と葦木場の一騎打ち、大方の予想を覆し手嶋が勝利する

山岳賞のゴールを越えた手嶋と葦木場のふたりは握手して健闘を称え合う

ふたりの少し後ろでは、勢いづく総北を牽制しようとハコガクの新開悠人が引きはじめる。総北は鳴子が新開に対抗しようと前に出た

 

漫画 弱虫ペダル 最新 482話 ネタバレ 感想

 

連載10周年記念号ということで表紙と巻頭カラー
巻頭見開きは総北全員集合の絵でした。引退した巻ちゃんたちも久々の総北ユニフォーム姿でしたね!
そして電子版には描き下ろしのオールカラーマンガ「冬のゼッケン1」が収録されてました

超豪華、弱ペダ仕様のチャンピオンでしたねー

 

 

 

新開悠人VS鳴子章吉
本編は新開VS鳴子
先に仕掛けた悠人に余裕で追いつく鳴子が必殺技技を繰り出す!!

デーハードヤドヤクライムや!!

 

さすが鳴子(笑)
デーハードヤドヤクライムに湧く観客
悠人もなんだかんだついていってますが、この勝負は鳴子優勢ですね

今回は10周年記念号だからかいつもよりド迫力な描写だった気がします
最初の鳴子と悠人がコーナリングで先頭引く見開きシーンとか
悠人にピッタリ鳴子がついてくとことかデーハードヤドヤとかとにかく気持ちいいくらいコマがデカかったです

 

さよなら手嶋純太
鳴子が引いて手嶋に追いついたんですが
ここで手嶋は力尽きリタイア

てっしー主役の2年目のインターハイだったから・・・なんだかんだゴールまで走ってほしかったけど
お疲れ様でした!(泣)

 

 

 

特別RIDE:冬の「ゼッケン1」の出会い
オールカラーで描かれた番外編はインハイ優勝後の2月の秋葉原が舞台
小野田がアニメとコラボしたメニューをやってる喫茶店に立ち寄るとそこにはなんと福ちゃんの姿が!!!

福富もまさかアニメコラボメニュー狙い?な
わけはなかったですね(笑)
新開と家電買いに来てた!

福富に取り調べされる小野田のくだり、笑っちゃいましたねー。タイホーなポーズ(笑)
大学の話がちらっと出ましたが、どこかで大学編やってくれるのかなー?
小野田が卒業したら大学編がスタートでも嬉しい

全編カラーは新鮮!パステルカラーっぽい雰囲気で
アニメとはまた違った味がありますね。
スマホで見るように縦スクロールだと更に面白いかも!

是非次回また全編カラーの機会があれば縦スクロールに挑戦頂きたいです

 

弱虫ペダル 483話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。