弱虫ペダル 最新 494話 ネタバレ 感想 インハイ最終日 下りバトル

漫画「弱虫ペダル」最新第494話「攻防! ダウンヒル!!」のネタバレ感想です。インターハイ最終日、ゴールまでは残り7km。先頭を走る総北の小野田、今泉、鳴子だったが、後ろから箱学の真波と黒田が追いつこうとしていた・・・週刊少年チャンピオン2018年25号掲載エピソードです。

 

 

494話の続き、弱虫ペダル最新495話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 493話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 493話の振り返り

 

弱虫ペダル 493話 ネタバレ

インターハイ最終日、ゴールまで残り7km。下り坂に差し掛かり先頭を走る小野田、今泉、鳴子は加速する

鳴子は口にはしなかったが体力の限界が近づいていて視野が狭くなっていた

先頭を総北の3人が走っていると知った鏑木は大興奮。隣の救護テントにいる青八木に語りかけようとする

青八木は銅橋と同じ救護テントで横になりながら、総北の3人に念を送っていた

下り坂が終わろうという所で総北の三人を視界に捕えた箱根学園、真波と黒田が迫る

 

弱虫ペダル 最新 494話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラーでした!!
見開きは現在先頭を走る総北の3人、鳴子・今泉・小野田と追いついてきた箱学の2人、黒田・真波
5人並ぶと身長差がよく解ります
真波・・・顔小さい!!

アニメは2日目のクライマックスで激アツ展開が続きますね
アニメは曲流れるからテンション上がります!

 

 

 

下りチャレンジ
総北の背中を捕えた黒田・真波
黒田は頬のかさぶたを外し、スイッチを入れる
「待てよ!! 総北!!」

後ろ30mまで迫る
下りは先に走るほうが風を受ける分基本的に不利になる

先頭でひく今泉は脚のリミッターを外そうとスピードを上げる
「外れろ リミッター!! 外れろォ!!」

下りのスピード感!!
そして追いつかれそうになる緊迫感も相まって
ドキドキが止まりません

 

「ハイスピードの下りバトルは自分の恐怖にうち勝った方が勝つ!!」

今泉はブレーキ代わりにガードレールに身体をぶつけできるだけスピードを緩めない
黒田は猫脚で少し空いた差をまた縮めようとする

 

 

 

あっさり追いつかれて鳴子が脱落かと思ったんですが
鳴子なんとかへばりついてる!(笑)
「アホかスカシ ムチャしすぎや こっちは視界狭いんやぞ!!」

3人一緒は叶わずとも、最終日鳴子にゴールして欲しい!!
そして今泉がなんか頼もしいぞ!

 

ついに・・・登場
残り40mまで差を縮められた今泉だが
このまま追いつかれず登り返しまで逃げ切りたいと考えていた
リミッターをまた外す

しかし、小野田は後方に箱学だけでなく
さらにそのうしろに気配を感じていた

ついに・・・
御堂筋が追いついてきたのである!!

「この下りで追いつく・・・・プク!! 予定通りやわ!!」

 

紫ワカメ キターーーー

 

 

単独御堂筋、追いついてきて恐怖ですが
さすがに1人はあまりにも不利じゃない?
箱学と共闘とかいう展開だとアツいけど。策なしとも思えないんですよねー
それとも、悠人にべったりだった小毬も追いついてくるのでしょうか?

 

現在の順番は

今泉・小野田・鳴子

真波・黒田

御堂筋


悠人・小毬


葦木場

葦木場元気かなー

 

弱虫ペダル 495話へ続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。