弱虫ペダル 最新 500話 ネタバレ 感想 インハイ最終日 鳴子章吉の最期

漫画「弱虫ペダル」最新第500話「鳴子章吉」のネタバレ感想です。サドルを外し軽量化を最大化させた鳴子、しかし限界が来てしまいペダルが踏めない。今泉は鳴子を支えながら励まし最後のランを走らせる。鳴子は今泉に追いついた。週刊少年チャンピオン2018年31号掲載エピソードです。

 

 

500話の続き、弱虫ペダル最新501話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 499話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 499話の振り返り

 

弱虫ペダル 499話 ネタバレ

インターハイ最終日、先頭を走る御堂筋に追いつこうとサドルまで捨て軽量化する鳴子

しかし鳴子は意識を失い倒れそうに。今泉は鳴子を支えつつ、気合を入れる

今泉の気持ちを理解した小野田は同じく鳴子に気合を注入。鳴子は息を吹き返す

120メートルの差がついていたが、鳴子は御堂筋に追いついた

 

弱虫ペダル 最新 500話 ネタバレ 感想

 

遂に500話ですよ!巻頭カラー来るかと思いきや、そんなことはなく通常連載でした
記念すべき500話のタイトルは鳴子章吉!
鳴子の二年目インターハイのラストエピとなりました(泣)

 

 

 

鳴子・・・散る
御堂筋においついた鳴子に観客達は湧く
「赤い男の根性引きだ!!」
「総北3番1人で!!」

 

追いつかれた御堂筋は怒る
しかし鳴子はもう目が見えず、追いついたのを気配で察しただけだった

追いついた・・・・か?
スカシ
・・・・なァ スカシ その はずや
気配するから並んどるやろ・・・御堂筋に

 

(泣)
なるこぅ!!
インハイ1年目に続き、2年目も目が見えなくなるまで走りきるなんて・・・
チームの総合優勝のために、友情のために自分を犠牲にした鳴子の姿に目頭が熱くなります

 

今泉は鳴子の肩に手をやり応える
「ああ 追いついてるよちゃんと よくやってくれた 感謝する」

しかしそのまま鳴子の方には視線を向けず
鳴子を置いて御堂筋と並走する今泉と小野田

 

このシーン。あえてふたりとも鳴子を置いて前だけ見て走り続けるってとこがグッときました

鳴子はコースに倒れ、リタイアとなる

 

 

追いついた・・・追いついたった・・・
遂げた・・・やり遂げた
もう・・・何も残ってへんわ
手も足もつま先も
全部使いきったわ・・・ごっつい充実感や・・・・

あとは
スカシ・・・小野田くん・・・
持っていけ
ゴールまでワイからの
根性注入や
キバれよ!!派手に!!

 

青空に向けた拳
見開きまるまる2ページ使ったラストシーン!!(泣)
アツい!!

 

御堂筋は鳴子に一瞥もくれない今泉を挑発するも
今泉は挑発にはのらず、逆に御堂筋を煽る

出ろよ好きなだけ
止めてやるよ
そしておまえより先にゴールしてやる
エースであるこのオレが!!

 

次回は今泉VS御堂筋でしょうか?

 

 

500回突破記念は次号やる予定とのことで
表紙・巻頭カラー・QUOカード応募者全員サービス・将棋・ピンナップポスターと超豪華!

ポスターの裏面が将棋になってるらしいんだけど
誰が王将なんだろう・・・・

 

現在の順番は

御堂筋・今泉・小野田

真波・黒田


悠人・小毬


葦木場

 

 

 

アニメは最終回
3日始まったとこで終わっちゃいました
小野田の回想シーンがシーズン1のころからだったのに驚く(笑)

 

弱虫ペダル 501話へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。