弱虫ペダル 最新 516話 ネタバレ 感想 インハイ最終日 ゴールまで1.8km

漫画「弱虫ペダル」最新第516話「あの時の約束」のネタバレ感想です。インハイ最終日、ゴールまで残り2km、小野田は真波に追いつく。約束していた勝負が最終日のゴール前になってしまったことにふたりとも苦笑い。真波は春に小野田に再開した頃のことを思い出す。週刊少年チャンピオン2018年48号掲載エピソードです。

 

 

516話の続き、弱虫ペダル最新517話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 515話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 515話の振り返り

 

弱虫ペダル 515話 ネタバレ

インハイ2年目、最終日残り2キロ周辺で真波に抜かれた小野田と今泉。今泉は小野田を送り出す。小野田は真波に追いつく。真波も小野田と同じく最終日のゴール前で勝負とは・・・と苦笑い

小野田は真波も同じ気持ちだったのかと分かって嬉しくなる。真波は小野田に出来事をどう受け取るかは自分次第だと発言、小野田は同意し真波に追いつく。

残り2キロを切り、ふたりはゴールを目指して競い合う。

 

弱虫ペダル 最新 516話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラー
見開き扉絵は水族館の水槽の前で真波と並ぶ小野田
ふたりの過去エピソードに突入です!

 

 

 

残り2キロの攻防
加速する小野田と真波に湧く観客

「あの2人 去年と同じ2人だ」
「けど・・・」
「去年より速ええ!!」

 

真波はグローブを取りはずし、ジャージの胸元を開ける

出しおしみはしないよ坂道くん
だってキミとの勝負
全力でやっとかないと
もったいないだろ?
この時間は二度ないんだから

 

真波の胸元開け!!
まさに去年のインターハイ最終日ゴール前を思い出しますね
翼生えてる!

 

ゴールまで残り1800m
小野田は真波の闘志を肌で感じていた

気持ちをしっかりもって
指先やつま先まで意識を集中してないと
ふきとばされそうだ!!
集中して
気持ちを強くもって
気持ちを強くもって
回すんだ!! 全力で!!
真波くん!!

 

 

 

夏の再会
小野田は今年の5月に真波と偶然出逢ったときのことを思い出していた

レース後、ピエール先生の計らいで
神奈川の海で自由時間となる

今日のレースもメンバーは力が入りすぎて噛み合わず敗けたのだという

鳴子は富士川のだい大観寺とかいうわけのわからんのにかっさわれたとご立腹
レース後に大観寺から「富士より高い山はねェ」と言われたのが気にいらないのだという

「フツーや!!フツウの情報!! 富士山より高い山はそらない!!そんだけや!!腹立つわあいつ!!」

 

鳴子のツッコミ最高です(笑)

小野田たちは3人で水族館へ行くことに
鳴子は喜ぶ小野田をよそに魚がおよいどるだけやと冷静
しかし到着するなり鳴子大興奮
小野田はひとりジュースを買いに行くと皆とはぐれてしまう
スマホは車の中で連絡が取れず困っているところで真波が携帯を取り出した

「オレの携帯使う?」

ふたりは偶然にも大きな水槽の前で再会となったのだった

 

水槽前でふたりは何を語ったのでしょうか
鳴子はじゃあ結局今泉とふたりで過ごしたんですね(笑)

 

 

 

現在の順番は

真波・小野田


今泉

黒田


悠人・小毬


葦木場

 

 

弱虫ペダル 517話へ続く

 

 

 

コメントする