弱虫ペダル 最新 521話 ネタバレ 感想 インハイ最終日 小野田のモチベ

漫画「弱虫ペダル」最新第521話「真波が見たもの」のネタバレ感想です。インターハイ最終日、ゴールまで残り1.5km、標高2000メートルを越える山の中、空気の薄さから力が抜けそうになる小野田だったが手嶋のアドバイスを思い出し、加速。真波を追い越した。週刊少年チャンピオン2018年53号掲載エピソードです。

 

 

521話の続き、弱虫ペダル最新522話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 520話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 520話の振り返り

 

弱虫ペダル 520話 ネタバレ

インターハイ最終日、ゴール争いを繰り広げる真波と小野田。真波はプレッシャーを上げて更に加速

標高2000mを越えるゴール前、空気が薄くて小野田は力が抜けていくのを感じていた

真波との距離が開く中、小野田は手嶋に3日目のスタート前にもらったアドバイスを思い出していた。「条件は同じだ」 痛みや苦しみにまどわされるな 全員等しい中走ってる

小野田はケイデンスを上げて真波に追いつき追い越した。ゴールまでは残り1.5km

 

弱虫ペダル 最新 521話 ネタバレ 感想

 

インハイ最終日 残り1.5km
真波を抜いてゴールまで残り1.5kmのプレートを過ぎた小野田
「ドキドキが増す ゴールが確実に近づいてる!!」

真波は残り2kmからはじめて500mで2度も抜かれたことを理解しつつ
これが望んでいたことだとワクワクする

ペースを保ったまま先頭を走る小野田の姿を見つめながら
去年よりはるかに強くなっていることに気付く
そして一度大きなタイトルを手にすると目標を失いがちになるのに、どうやってモチベーションを保っているのかと不思議に思う

 

 

どうやってモチベーションを上げたの?
この一年間
自分で!?
・・・あ いや ちがうか
たぶん仲間がいたから!!か!!
(中略)
そういうことか キミが強くなったのは仲間を手伝うせい
仲間を勝たせるために
仲間のジャージをゴールに運ぶためにキミは
今のインターハイの最終日を走ってるのか!!力強く!!

 

小野田が去年より強くなってる・・・ってそうだったのかーーー!!
これまでインハイで警戒こそされど、あまり思ったほど活躍できてない感があったので感じませんでしたが
真波が言うと説得力ありますね

 

小野田は真波の考えるとおり、インハイに出れなかったメンバーのことも頭に思い浮かべながら走り続けていた

「届けるよボクがこのジャージを!!」

 

真波は小野田の走りをすることは自分には難しいが
自分の走りを小野田も真似はできないだろうと、先頭に追いつく直前に黒田とかわした会話を思い出していた。

 

 

黒田は最後の登りに入っても真波を引き続けていた
真波は黒田が初日のゴール前で痛めた右膝をかばうように走るのに気づく
代わろうと申し出るも、黒田は譲らない

「黙ってついてくりゃあいいよ 絶対届けてみせるから」

そして黒田は昔話でもするかと、話を続けた

 

エピソード末の次号522話の予告だと
去年インハイにサポートして参加した黒田が見た光景が語られるようですね・・・
ゴール前に荒北も向かってるので荒北の話になりそうな気もする

黒田の去年エピは泣かせてくれそうです!

 

 

 

現在の順番は

小野田
真波


今泉

黒田


悠人・小毬


葦木場

 

今泉と黒田は同じくらいのポジションでしょうか

 

弱虫ペダル 522話へ続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。