弱虫ペダル 最新 525話 ネタバレ 感想 インハイ最終日 ゴールまで残り1km

漫画「弱虫ペダル」最新第525話「ハナウタ」のネタバレ感想です。インターハイ最終日、先頭を走っていた小野田だったが、追い風に合わせて加速した真波にカーブで抜かれてしまう。しかし小野田の頭の中で恋のヒメヒメぺったんこが鳴り始めて・・・

 

 

525話の続き、弱虫ペダル最新526話のネタバレ感想はこちら

弱虫ペダル SPAREBIKE 洋南大学編の1話ネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 524話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 524話の振り返り

 

弱虫ペダル 524話 ネタバレ

先頭を走る小野田、観客の掛け声から後ろの真波と30メートル差がついていることを知る。

次の瞬間、身体に緊張が走ってしまう。小野田は首を横に振り平常心を取り戻す。今泉の顔を思い浮かべ自らを鼓舞し、ダンシングをはじめた

小野田の心境も含め後ろから追いかけていた真波は先頭を走るプレッシャーを理解していて、小野田の強さに感心していた。

カーブに差しかかろうかという所で、真波は加速し追い風に合わせてギアチェンジ。あっという間に小野田に追いつき追い越した。

抜かれた小野田、うなだれたように見えたが顔を上げた小野田は頭の中で「恋のヒメヒメぺったんこ」が鳴り始めた

 

弱虫ペダル 最新 525話 ネタバレ 感想

 

インハイ最終日、ゴールまで残り・・・
小野田を一気に引き離して加速した真波、インハイ最終日のゴールまで残り1200m
真波の加速に盛り上がる観客達
真波はいつもならこの加速を見るとうなだれ失速する選手が多いのだが、さて小野田はどうだと振り返る

 

 

小野田はうつむいて「恋のヒメヒメぺったんこ」を鼻歌で歌っていた
次第にケイデンスが上がっていく
小野田は「ヒメなのだ!!」と笑いながら真波に急接近
驚く真波

「近づいてる!? すぐうしろに!! しかも笑いながら!!」

 

恋のヒメヒメぺったんこ効果すげーーー
ずっと歌ってれば優勝出来るじゃないですか。
しかも2期のオープニング曲「ヒメのくるくる片思い」だとそこまで調子でないのか・・・まぁなんか分かる気はする!(笑)

「しかも笑いながら」に笑った
真波からすれば確かに恐怖ですよね

 

真波はワクワクさせるじゃないか!!と再加速
小野田を再度引き離す
しかし小野田はまたうつむいて「恋のヒメヒメぺったんこ」を鼻歌する
そしてまた「ヒメなのだ!!」で真波に追いつく

「真波くんすごいよ!! やっぱりすごいよ真波くん!!」

ゴールまで残り1km
真波は勝負はドローで
ここから決着をつけようと告げる

 

 

真波は小野田の顔を見つめながら、
1日目の夜に自分に帽子をくれたおばさん(小野田母)のことを思い出した

ゴール前に真波の応援に来た委員長は真波がもらった「BEST BOY」の帽子を被る
小野田母もそこへやってきて委員長に声をかけた

 

なぜ最後に小野田母を思い出した?(笑)
まさかあの「BEST BOY」帽子がもう一度でてくるとは!
ゴール前といえば東堂と巻ちゃんの姿も拝みたいので出番期待してる

ゴールまで残り1kmかぁ・・・決着がつくのは3月くらいですかね?

 

現在の順番は

真波・小野田


今泉

黒田


悠人・小毬


葦木場

 

3位は今泉に頑張ってほしい!!

 

弱虫ペダル 526話へ続く
荒北と金城のその後を描いた弱虫ペダル SPAREBIKE 洋南大学編のネタバレ感想はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。