弱虫ペダル 最新 529話 ネタバレ 感想 ゴール前 委員長の声援

漫画「弱虫ペダル」最新第529話「声、届け」のネタバレ感想です。昨年のインターハイでの敗北を背負い、葛藤する真波だったが練習やレースを重ねてついに真実にたどり着く。「インターハイの負けはインターハイでしか払拭できないんだ」という言葉を胸にゴールを目指す。

 

 

529話の続き、弱虫ペダル最新530話のネタバレ感想はこちら

金城と荒北の大学編、弱虫ペダル SPAREBIKE 洋南大学編 1話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 528話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 528話の振り返り

 

弱虫ペダル 528話 ネタバレ

インターハイに敗れた真波は自分を追い詰めるように練習で身体を酷使。ついに倒れてしまう

真波を案ずる委員長、東堂にアドバイスを求めるも東堂は真波が「ひとつの真実」に気づくまで戻らないと応え、話を聞いてやるようにと助言する

委員長はそれから何があっても真波の話を聞いてやった。ある日真波はようやく真実に辿り着いたと委員長に報告、「インターハイの負けはインターハイでしか払拭できないんだ」とリベンジを誓った

インターハイ二年目のゴール前、最初に委員長の目に飛び込んできたのは真波だった

 

弱虫ペダル 最新 529話 ネタバレ 感想

 

小野田と真波のゴール争い再び
ゴール前、先頭で飛び出してきた真波に声をかけようとするも
周りの声援が大きすぎて委員長は怯む

 

 

小野田が真波の少し後ろで追いかける

ひとり戦う真波の表情を見て、委員長は声が届かずとも応援する決意をする

「勝ってさんがく!!」

奇しくもそれは、去年と同じ言葉だった

委員長の目の前を通り過ぎた真波は小さく頷いた
届かなくてもいいと思った委員長の声援は真波の耳に届いていた
多くの観客から委員長の声を聞き分けれた自分に感心する真波、そしてペダルを踏みながら応える

「当然だよオレ それをしに来てるんだ!!」

 

回想エピソードが終わりあっという間に緊張感アップのゴール争い!!
真波と委員長のシーンはもう少女漫画みたいでキラキラ・ドキドキしました
こんなの絶対好きになっちゃうよ

委員長の声届いてよかったね!
真波優勝したらつき合っちゃったりするんだろうか・・・いや、そんな漫画じゃなかった(笑)

 

少し差が開いた小野田
小野田母は目の前を通り過ぎた息子に声を掛ける

「追いかけなさい坂道!!」

「はい!!」

 

 

 

小野田はそれが母からの声だとは確信が持てなかったが
幼い頃よく言われた言葉だと幼少期を振り返った
昔はヤブが怖くてひとりで入れなかったが、今じゃ入れるし
この道も一人で走れるようになった。それは皆が力と勇気をくれたからだと

小野田はケイデンスを上げ、真波に追いついた

 

小野田の過去エピ編が始まるかと身構えましたが
サクッと終わりました
真波・委員長コンビと比べてはいけないんだけど
高校生の男子の恋愛格差を感じてしまう
辛い時そばにいて話を聞いてくれた、優等生女子
お腹を痛めて産んでくれた、母

小野田にももうちょっと恋愛的スパイスを(笑)
去年の覇者なのに。。。少しは女子ファン増えたはずなのに・・・
寒咲さんも興味ないんだろうな、泣ける

 

 

総北のリタイアメンバー思い出すとことか泣けます
ちゃんと今泉は追いかけてきて3位ポジなんですかね?黒田に負けてんのかなー・・・

そろそろゴールシーンが見れそうです
今年はやっぱり真波優勝で変わらないかな?

 

現在の順番は

真波
小野田


今泉

黒田


悠人・小毬


葦木場

 

救護テントの様子が知りたい!!
御堂筋大丈夫かな

 

弱虫ペダル 530話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。