弱虫ペダル 最新 555話 ネタバレ 感想 MTBに惹かれた小野田の決意

漫画「弱虫ペダル」最新第555話「思い返す坂道」のネタバレ感想です。峰ケ山の激坂を登り、水場を越えてついに頂上までたどり着いた小野田。MTBの魅力を堪能し下山しようとするも苦戦。雉は自らがMTBインターハイの2年連続覇者であると告白する。

 

 

555話の続き、弱虫ペダル最新556話のネタバレ感想はこちら

金城と荒北の大学編、弱虫ペダル SPAREBIKE 洋南大学編 6話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 554話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 554話の振り返り

 

弱虫ペダル 554話 ネタバレ

峰ケ山旧道の15%の激坂を登り始める小野田と雉。雉から激坂を越えると、水場があり、その先500mで頂上だと聞いた小野田は胸が高鳴る

小野田は雉にMTBを教えてくれてありがとうと伝える。雉はMTBは大自然に切り込むスポーツで助け合うのがルールだと説明。小野田は自転車全部に通ずるルールだと感心する

頂上を堪能したふたり、下山しようとするも小野田は苦戦。話がMTBの大会についてに及ぶと、雉はインターハイ2年連続の覇者だと告白する。

 

弱虫ペダル 最新 555話 ネタバレ 感想

 

坂道の決意

家に戻り、湯船で今日の出来事を思い出す小野田
雉とMTBに出逢い、峰ケ山の頂上まで登ったこと
そして雉がインターハイMTBクロスカントリー部門男子2年連続優勝だと言っていたこと

 

 

 

まさかのイキナリ小野田入浴シーンはじまりとは(笑)

 

小野田はMTBでのインターハイを想像しようとしドキドキがする

峰ケ山、頂上からの下山途中
小野田は自分たちのチームもインハイ優勝したことを伝えようとするも
慣れない下りの運転にそれどころではなくなってしまったのだった

 

自分もインハイ2連覇中だと言ってないことは
後々の出来事の伏線になりそうな予感です

 

雉と別れてから、雉のMTB下りテクニックを思い出す小野田
自分は精一杯な下りも、雉は下りながらボトルを飲んだり、飛んだりして余裕
MTBを手足のように扱っていた

 

 

ロードとMTBは全く別物だが、共に可能性を広げてくれると自転車の凄さに感動したのだった

 

お風呂上がり
擦り傷を治療しながら、小野田はもう一度MTBはに乗りたい気持ちに気づく
しかしMTBを借りるあても買うお金もなく少し落ち込む
その様子に母が気づいた

 

小野田ママがMTB買ってくれるの?

今泉が昔使ってたお古とかないんでしょうか
MTB買うとしたら、雉に電話して一緒についてきてもらったりするのかなー
私服の雉もイケメンなのだろうか・・・

寒咲さんとこにMTBおいてるのかなー

いろいろ妄想掻き立てる展開です!

 

弱虫ペダル 556話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。