弱虫ペダル 最新 560話 ネタバレ 感想 これがMTBレースのスタート!

漫画「弱虫ペダル」最新第560話「MTBレース! スタート!!」のネタバレ感想です。小野田は雉に誘われMTBのレースを初観戦しに。会場で雉にあえず困っているとライトニングチェイサーと名乗る、吉丸雷音に遭遇。吉丸からMTBレースのレクチャーを受けた。

 

 

560話の続き、弱虫ペダル最新561話のネタバレ感想はこちら

福富と新開の大学編、弱虫ペダル SPAREBIKE 明早大学編のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 559話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 559話の振り返り

 

弱虫ペダル 559話 ネタバレ

雉に誘われ初めてMTBのレースを見学しにきた小野田、雉に連絡しようにも圏外で困っていたところへ吉丸が声をかけた

吉丸は自らをライトニングチェイサーだと称し、試合で優勝するからと宣言。そしてMTBレースのルールや見どころを説明してやる

吉丸と別れた小野田、今度は雉が背後から声をかけた。雉の前回とは違う姿に小野田は胸が高鳴った

 

弱虫ペダル 最新 560話 ネタバレ 感想

 

MTBレースの行方

MTBレースの幕が切って落とされる
小野田は吉丸の妹、鈴音とピットエリアへ急ぐ
小野田はスタートを間近で見たかったと後ろ髪引かれる

 

小野田、なぜか鈴音と一緒に観ることになったんですね・・・

 

 

 

鈴音はMTBのスタートはロードレースのパレードレースとは違うと説明
MTBのレースはホイッスルの音を合図に最初からフルスロットルで選手たちが飛び出す
その迫力に驚愕する小野田
選手たちはぶつかりながら砂埃を上げて進む

 

ド迫力のスタート。ロードとは全く違っていきなり緊張感MAXですね!

 

集団から先頭で飛び出し、「ホールショット」を獲ったのは吉丸
鈴音は大興奮
MTBは最前列を取るのは砂埃を避けるためだけじゃなく
細い道幅故、追い抜きが難しいからだと説明

吉丸は細い林道を先頭で進む

 

吉丸雷音!!もしかしたら全然ダメな口だけキャラじゃ・・・と一瞬不安になったんですが
ちゃんといい感じですね!
スピードにのってるせいか鳴子感あるー

 

 

 

ペースアップして2位以下の選手を引き離す
吉丸の独走に、もう後ろの選手は追い抜けないのかと雉のことを案ずる
鈴音は一般の選手はそうだけど、時々いるMTBの神に愛された天才は違うと認める

雉は先頭集団にピッタリくっついて、一見隙間のない林道の一本道の土の壁の際(幅10cm)によじ登り集団を追い抜いた

 

ここで雉!!!
汗一つかかずよゆーですね

MTBの神に愛された・・・か。。。吉丸が勝てる気がしない笑

 

雉はスタートに失敗したと反省しつつ
先頭まで5,6人かと予測

鈴音はその頃、小野田の顔を何かの雑誌で見たことがあると気づく

 

 

 

次回は雉 対 吉丸ですかね
ドタバタで小野田が急遽参戦するのかなーってちょっと期待してたんですけど
全くそんな事無く、このままこのレースは観戦者なのね

 

弱虫ペダル 561話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。