弱虫ペダル 最新 562話 ネタバレ 感想 MTBレース 吉丸と雉の壁走り

漫画「弱虫ペダル」最新第562話「譲らない2人」のネタバレ感想です。雉に誘われMTBレースの見学にやってきた小野田。レース1周目は吉丸が先頭、雉は遅れてピットエリアへやってくる。小野田は雉が群馬に済んでいてあの日たまたま峰ヶ山で出逢えたのだと知り興奮。雉は吉丸についに追いついた。

 

 

福富と新開の大学編、弱虫ペダル SPAREBIKE 明早大学編最新4話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 561話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 561話の振り返り

 

弱虫ペダル 561話 ネタバレ

MTBレース、一周目は吉丸雷音が1位で通過。ピットエリアでは鈴音が小野田と水を持って待ち構えていた。

吉丸はトリヤロウがまだ姿を見せないと警戒。小野田は雉のことだと理解、鈴音は雉と小野田が知り合いだと知り驚く

雉はピットエリアで小野田に気づき微笑む。吉丸を追いかける雉は林道でついに追いついて2位へ。

 

弱虫ペダル 最新 562話 ネタバレ 感想

 

MTBレース、雉 対 吉丸

出遅れていた雉が吉丸の後ろへ迫り2位
その差は5秒

 

 

 

いきなりの超ド迫力!!
雉は吉丸と比べるとデカイですねー
葦木場くらいなのかな?

 

2秒差まで迫った雉
振り返る吉丸
そしてついに並ぶ

 

見開き上半分がぶち抜きっていう斬新な構図!
かっこいいです

 

吉丸が抜かれると危惧する小野田
鈴音はこの先は兄の雷音が得意とするセクションだという

 

 

吉丸が得意とするコースは林の中、木の根がはり出て、360度ターンを繰り返す
スピードよりもバランス重視のコースだった

狭いコースを並んだまま進むふたり
減速しないまま、雉は木の根に躓いて跳ねる
バランスを崩しながらも食らいつく

吉丸は大柄な雉に比べ、小回りの必要なセクションが得意だった
リードする吉丸
雉はしつこく食い下がる

 

ここでデカイ雉のデメリットが出てくるわけかー
逆にMTBでデカイことは何かメリットがあるんですかね

 

最後の大曲がりのカーブにさしかかる
ふたりは並んだまま土の壁を真横になって走る
小野田はしかもふたりが方をぶつけながら進むのに驚く

 

 

 

壁を真横って・・・・ぐぐったら壁走りっていうのか
小野田も驚いてましたが、これはロードにはないですよねー

小野田が観てる場所、めっちゃ近すぎて危ない(笑)

 

吉丸はリードを保ったまま、得意のセクションを終えた
雉は楽しくなってきて、もっと力づくでいくと決める

 

MTBレース面白いですね!
チームワークがないのがちょっと残念ですけど
迫力はロードよりも断然ありますねー
小野田もレース出ちゃう日がくるのかな

 

弱虫ペダル 563話へ続く

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。