弱虫ペダル 569話 ネタバレ 感想 MTBレース 吉丸を追いかける雉

漫画「弱虫ペダル」最新第569話「焦りと笑み」のネタバレ感想です。MTBレース、3周回目をトップで通過した吉丸。追いかける雉だが、更に加速する吉丸に50m離されてしまう。焦って林の中でスピンしてしまう。冷静さを取り戻した雉は4周回目で逆転を狙う。

 

 

569話の続き、弱虫ペダル最新570話のネタバレ感想はこちら

福富と新開の大学編、弱虫ペダル SPAREBIKE 免許取得編のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 568話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 568話の振り返り

 

弱虫ペダル 568話 ネタバレ

MTBレース、吉丸は雉を抜き3周目をトップで迎える。更にギアを上げて加速する吉丸、雉は50m程離されてしまう

林コースで吉丸はヨンも無いし、内心焦っているのだろうと指摘。その後、雉はカーブで焦って滑ってしまう。4周目、そのままトップで迎えた吉丸

小野田は鈴音にこのまま勝てるか尋ねる。鈴音は皆、雉の伝説のレースを覚えていると語る。雉は吉丸がヨンを忘れていると指摘したことで冷静さを取り戻す。

 

弱虫ペダル 最新 569話 ネタバレ 感想

 

吉丸 対 雉 4周目

MTBレースは他の選手とだけでなく
自分自身との闘う時間が訪れる
それは不安や苛立ちから生まれる焦りだという
焦りに飲み込まれると、レースが終了するのだ

 

 

 

団体戦のロードレースと異なり、孤独なMTBはなおさら焦りが生まれやすい環境ですね
前話で「焦り」に気づいた雉は危なかったわけだ

 

吉丸は4周目の登りでもまだ先頭を維持
雉は差をつけられて焦っているのだろうと考え、更に焦らせようとペースを上げる

観客たちはかつての「ライトニングトップ」が戻ってくるのかと期待
吉丸は5周回目もトップで通過

 

圧倒的!かなり差がついてそうですね
でも、抜かれるフラグがたちまくりな感じがする(笑)

 

吉丸が5周回目に入ったところでも、雉はまだ4周目の下り付近
しかし焦ることもなく鼻歌交じりでペダルを踏む
焦っていることに気づかせてくれた吉丸に感謝してから
派手に追いつくと宣言。加速する

 

 

 

雉のターンが来そうですね!!
焦りはないけど鼻歌とか歌ってて大丈夫なんだろうか・・・
そしてふたり以外全く出てきませんね(笑)
レベル違いすぎるんだなー

 

雉はゴール手前の小さな登りでジャンプ
観客たちは湧く

 

ド派手!!
ジャンプする必要ないけど(笑)でも観客はたしかに嬉しいよね

 

その頃、鈴音は2年少し前
吉丸が中3の頃の伝説のレースについて語る

それは兄の雷音が10連勝を賭けた中学最後のレースだった
そこへ明らかにレース初の出で立ちの雉が姿を現した

 

 

 

雉の空気読んでない初心者ルック可愛いですね(笑)
中学の頃はダサい感じだったのか
「伝説」と呼ばれるからには普通ではない勝ち方をしたんでしょうけど
何があったのかなー。ジャンプと関係あるのかな?

そういえば雉のド派手ジャンプ、小野田見てない・・・

 

弱虫ペダル 570話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。