弱虫ペダル 575話 ネタバレ 感想 MTBレース ゴールまで残り200m

漫画「弱虫ペダル」最新第575話「雉の実行!!」のネタバレ感想です。MTBレース、最終周回の最後の下り。ふたりともスピードを緩めないで進む。吉丸はS字コーナーをテクニックを駆使して曲がり切り雉に差をつける。残り1km、ふたりは全力を出し合うことを誓う

 

 

575話の続き、弱虫ペダル最新576話のネタバレ感想はこちら

東堂の卒業後の進路が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 574話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 574話の振り返り

 

弱虫ペダル 574話 ネタバレ

最終周回最後の下り、吉丸と雉はほぼ差が無いまま猛スピードで林の中を走り抜ける。S字カーブで吉丸は荷重移動とブレーキングを駆使し高速のままクリアする

吉丸は雉に差をつけることに成功するが雉もすぐに追いつく。吉丸は雉にゴールまで完全全開だと声をかける。

ゴール前では鈴音と小野田がふたりのゴールを待ち構えていた

 

弱虫ペダル 最新 575話 ネタバレ 感想

 

MTBレース ゴールまで残り・・・

雉はMTBレースが独りで闘うスポーツなら
これまでずっと独りで走ってきたと自信を見せる

最終周回
最後の行、ゴールまでは残り500m

 

 

雉はあえて車体を滑らせて雷音に追いつこうとする
雷音は雉が次のコーナーで並ぶつもりだと理解
そのとおり雉は雷音に並ぶ

 

雉の幼い頃の回想シーンがありましたが
崖から落ちたり、迷って?夜を明かしたりと、なかなかハードな少年時代を過ごしてたんですね

 

残り400m
叫びながらふたりは肩をぶつけながら進む

 

MTB編はロードの時よりもド迫力な気がする
コマ割りが大胆になった気がしませんか?

 

どちらも譲らず、並んだままコーナーを抜ける
残り200m
林を抜け、最後のコーナーに差し掛かる

 

 

ゴールゲート付近の小野田と鈴音は歓声が大きくなるのが聞こえ、身構える
コーナーを最初に曲がってきたのは・・・
1人ではなく2人

雉と吉丸が姿を現した

 

次回で決着かなーーー
なんとなく誘われて見に行ったMTBレース
雉が圧勝するのを見る展開かと思っていたのですがこんなにアツい展開になるとは

次回は巻頭カラー
そして重大発表ありとのことですが・・・
今年アニメ新作だと嬉しいなー

 

弱虫ペダル 576話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。