弱虫ペダル 577話 ネタバレ 感想 MTBレース 雉弓射 VS 吉丸雷音 決着

漫画「弱虫ペダル」最新第577話「1人の照射」のネタバレ感想です。MTBレース、最終コーナーを曲がった雉と雷音。ゴール前では小野田と鈴音がどちらが勝利するのかと試合を見守る。雉と雷音は体をぶつけ合い最後の力を振り絞る。ゴールまでは残り100m

 

 

577話の続き、弱虫ペダル最新578話のネタバレ感想はこちら

東堂の卒業後の進路が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 576話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 576話の振り返り

 

弱虫ペダル 576話 ネタバレ

ゴール前最後のカーブを曲がったふたり、残り180m。両者譲らず並んだまま途中の谷に差し掛かる

ふたりが谷を越えてくるのを待つ小野田は、短い距離のハズなのに長く感じるとドキドキしている自分に気づく

ゴールまで残り100m、雉と雷音は体をぶつけ合い、最後のちからを振り絞る

 

弱虫ペダル 最新 577話 ネタバレ 感想

 

センターカラー
扉絵はもちろん雉と雷音

ついにMTBレース決着!?

 

 

 

勝者はどちら?

ゴールまで残り100m
雉と雷音はプライドをかけゴールまで全速力

 

小野田は歯を食いしばり手を握る
ふたりの圧でどこかに持っていかれそうに感じていた

ロードのように仲間と助け合うのではなく、たった一人で闘うMTBの強さ、気高さ、孤独さに圧倒される

 

小野田は他の観客とは違う視点で見ているからなのか緊張感が違いますね
すんごい形相(笑)

 

 

 

ゴールまで残り40mに迫る
気迫に圧され、小野田は迫りくる二人を見て叫んでしまう
「うあああ」

できれば2人に勝ってほしいが、それは自分のわがままだと解っていた

 

鈴音が声をかける
残り30m,20m,10m

最初にゴールラインに到達したのは・・・・
雉だった

勝利した雉は両手を広げ天を仰いだ
対する雷音はうなだれたまま顔を上げれずにいた

 

あああああ!!
やっぱり雉なのか
鈴音が出てきて、小野田もすっかり雷音ファン状態でしたが
結局はレース初期の想像通り雉が勝利となりました

雷音、めちゃアツかった
私も途中からはすっかり吉丸→雷音に呼び方変わるくらいには雷音推しでした
負けちゃったの超残念・・・

 

 

雷音はこれで出番終わりじゃなくって、ロードもやって、ぜひ鳴子とスプリント勝負してほしい(笑)

 

試合後は小野田は両者に何と声をかけるのでしょうか
そして小野田はここまで夢中に応援できたMTBレースに参加したいって気持ちになるのでしょうか

 

弱虫ペダル 578話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。