弱虫ペダル 592話 ネタバレ 感想 壱藤丹貴 連続コーナーで自己紹介

漫画「弱虫ペダル」最新第592話「二人の対峙」のネタバレ感想です。MTB初心者レース、壱藤は追いついてきた小野田が雉のMTBに乗っていることに気づき動揺、嫉妬する。小野田はカーブで曲がりきれなかった壱藤に追いつく。壱藤は小野田がインハイの優勝者だと知る

 


スポンサーリンク


 

592話の続き、弱虫ペダル最新593話のネタバレ感想はこちら

東堂の卒業後の進路が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 591話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 591話の振り返り

 

弱虫ペダル 591話 ネタバレ

MTB初心者レース。壱藤は小野田が雉のMTBに乗っていることに気づき嫉妬し加速

小野田は動揺する壱藤に追いつく。壱藤は小野田に何者かと問う。小野田はインハイで2度表彰台に登った総北高校の小野田だと自己紹介

 

弱虫ペダル 最新 592話 ネタバレ 感想

 

迫る小野田

壱藤は小野田が高2でインハイ2度表彰台と聞き一瞬頭が真っ白になる
マジだろうな?と確認され、小野田はチームのおかげだと謙遜する

 

壱藤、高2ってとこにもドキドキしててかわいい(笑)

 

 


スポンサーリンク


 

なんとかMTBは初心者だと言い聞かせ自分を落ち着かせ加速
必死に追いかける小野田
肩書や筋書きはいらない、過去の経歴や栄光じゃない
強いやつが勝つのではなく勝ったやつが強いんだと壱藤

 

壱藤の凡人感が嫌いになれないとこですよね!
いちいちビビリで、ビビるたびに自らを鼓舞して走り直すスタイル最高です

 

壱藤はそのプロフィール倒し甲斐があると叫ぶ
ふたりは急角度に連続するコーナーに差し掛かる

壱藤はカーブを使い小野田に向かい合う
そして壱藤丹貴(いちふじにたか)だと自己紹介
3のナスビはどうしたとかいうくだらないツッコみは聞き飽きていると続けた

 

 


スポンサーリンク


 

やべーー壱藤の一富士二鷹三茄子の話を忘れちゃうくらいかっこいい
急カーブで向かい会うシーンわかりやすいように次コマで空撮ショットいれてるの良いですね!

 

壱藤は小野田を倒せば、雉に認めてもらえる
いつか一緒に表彰台に立つのだとギラつく

そして、残り1週と1000mで真っ向勝負だと宣戦布告

カーブが終わり、前へ向き直した壱藤が再加速
直線で距離を詰める小野田
壱藤の背後で「あの人」は雉のことだ、カッコいいですからねと指摘
頬を赤らめる壱藤

 

何このシーン(笑)
壱藤かわいすぎでしょ、赤面しちゃった。

 

壱藤は小野田に妙な説得力を感じつつ、今はレース中だから関係ないと言い返す
小野田は気にせず自分にもあこがれる先輩がいると話を続ける

 

小野田はロードでおしゃべりするスタイルが定着して
MTBでもおしゃべりに飢えてたんですかね

 

 


スポンサーリンク


 

観客はふたりの接戦に大興奮
小野田は巻島と手嶋についてアツく語り続ける

 

最後小野田瞳孔開いてた・・・
ここから加速ですねー!!

今回のエピソードは壱藤の魅力爆発でしたね
雉はまだ小野田のインハイのこと知らないわけですが、雷音あたりが教えてやるのでしょうか
雷音と鈴音どこ行ったのかな

 

弱虫ペダル 593話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。