弱虫ペダル 600話 ネタバレ 感想 MTB初心者レース優勝したのは?

漫画「弱虫ペダル」最新第600話「ゴールへ飛び込む車輪!!」のネタバレ感想です。MTB初心者レース、小野田は30mあった壱藤との差をゴール前の小さな登りで10m差にまで縮めた。ゴールまで残りわずか、壱藤は勝利を確実のものとすべく更に加速する。

 



スポンサーリンク


 

600話の続き、弱虫ペダル最新601話のネタバレ感想はこちら

東堂の卒業後の進路が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 599話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 599話の振り返り

 

弱虫ペダル 599話 ネタバレ

MTB初心者レース。小野田はゴール近くの小さな登りでケイデンスを上げ壱藤に残り10mというところまで迫る

壱藤は手にしかけている勝利の果実を確実のものとすべく、更に加速する。

 

弱虫ペダル 最新 600話 ネタバレ 感想

 

600話記念の巻頭カラーでした!
見開きカラーページはMTB編キャラ集結
楽しそうな壱藤なんて初見なんで嬉しくなっちゃいますね

 

そしてベストバディ人気投票開始!
好きなタッグを選ぶという人気投票
これは面白そうですねー。MTB編盛り上がってるからやっぱりここは、鳴子と吉丸のタッグに一票!

 

 



スポンサーリンク


 

MTB初心者レース決着

壱藤を先頭にゴールまで残り50m
小野田は8m差をつけられ壱藤のすぐ後ろに

 

遂に決着が突きそうですね、ふたりとも必死なのが表情から伝わります

 

ゴール前の直線コース
目の前に近づいてくる小野田を応援する鈴音

小野dは体中に痛みを
壱藤も心臓が取れそうなキツさを感じていた

ゴールまで残り40m

 

前話くらいから雉が急に壱藤派へ転向してませんか?(笑)

 

差を7mに縮めた小野田
脳内では雉との約束を果たすんだと使命感に燃えていた
そして、ダンシングの姿勢へ

雷音はスタートの砂利区間でダンシングが下手だとわかったはずなのにと焦るが
小野田の表情を見て考えを改めた
鈴音と雷音は小野田がダンシングができるようになっていたことに感動する

 



スポンサーリンク


 

ただ必死で全力出して走り、ダンシングしていることも意識に無いのだろうと

 

小野田にはやっぱり使命を課すのが効果的ですね

 

壱藤との差、わずか2m
ゴールまでは残り10m

壱藤は小野田はもう表彰台へ登った
自分にはこれしか無いんだと考えていた
目の前には果実が見え、手をのばす壱藤
誰にも果実は渡さないと

 

あーーどっちが勝つんでしょう・・・ドキドキします

 

壱藤はゴール直前で勝利を確信
左手を上げようとするが、寸前で小野田が先にゴールする
壱藤は勝利の果実を取りそこねた

小野田が優勝する

 

やっぱり優勝は小野田でしたかー

最後の勝利の果実を獲れないコマはせつなすぎます
壱藤のお前はもう表彰台登っただろうという言葉に同情せざるを得ない(泣)

 



スポンサーリンク


 

前話の展開から壱藤が勝ってMTB編はひと夏の経験談として幕を閉じるのかと思ってたんですが
勝っちゃいましたねー(笑)これはMTB編も平行して続くということかしら

雉も小野田が勝ってどこか残念そうな表情でしたねー
小野田に、そして壱藤に何というのか楽しみです

 

弱虫ペダル 601話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。