弱虫ペダル 602話 ネタバレ 感想 次のレースへ小野田の決意と夏の終り

漫画「弱虫ペダル」最新第602話「それぞれの道へ」のネタバレ感想です。MTB初心者レース、優勝した小野田。敗北を受け入れられない壱藤だったが雉が話をしてようやく敗北を受け入れた。小野田と壱藤は1,2位でゴールしたので次のレースからはランクアップしたカテゴリで走るのことになる。

 



スポンサーリンク


 

602話の続き、弱虫ペダル最新603話のネタバレ感想はこちら

東堂の卒業後の進路が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 601話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 601話の振り返り

 

弱虫ペダル 601話 ネタバレ

MTB初心者レース。小野田の勝利を受け入れられない壱藤はもう一度やろうと提案、雉が語りかけようやく敗北を受け入れた。

一緒に表彰台に上がった小野田と壱藤、壱藤は次のレースは9月、リベンジレースだと意気込むが小野田は次のレースもグレードアップも知らなかったため戸惑う

 

弱虫ペダル 最新 602話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラーでした
雉と小野田
そしてまもなく実写映画公開ですねー

 

 



スポンサーリンク


 

9月からの予定

壱藤から次のレースのことを聞いた小野田
会場は撤収が早々と始まる

小野田はこのレースは第7戦でシリーズ戦なのだと気づく
勝ち逃げはナシだという壱藤の言葉が頭に残りどうしようかと戸惑う小野田だったが
気持ちはもう決まっていた

 

このまま両輪でやるのかなーって思ったんですけどね
この感じだとロードに戻るんですねやっぱり

 

小野田は走って雉たちを探す
皆が親切にしてくれたのは少しでもMTBの世界を、魅力を伝えたくてだろうと

皆の姿が見当たらない
走り回ってようやく雉と雷音を発見
ふたりに感謝を告げてロードに戻ることを伝えようとするが、雉が9月の埼玉のレースに出るかと尋ねた
戸惑う小野田
雉はそのままレースを振り返り、小野田が思ったとおり強かった、次のレースも出たほうが良い
・・・と言おうと思ったんだけどねーと小野田の気持ちを察したかのような話しぶり

ロードを2連覇したことを鈴音から聞いたと伝え
ロードの世界に戻るんだなと訊く
小野田ははいと応えた。

どんなとこか訊かれた小野田は今泉がー、鳴子がーと説明しようとするも
今度は雉がロードの世界へ来てくれ、案内するからと目を輝かせた

 



スポンサーリンク


 

雉はMTBが楽しかったかと訊く、小野田ははい!!と目を輝かせる
ふたりと別れを告げて、小野田は自転車で帰路についた

 

壱藤には直接言えなかったかーー。壱藤がっかりするでしょうね。次会う時は成長した壱藤の姿が見られそうですね。
雉と小野田の別れのシーン。お互いの道を進む見開きの姿はかっこよかったです

 

雉は車中で小野田からもらったお土産を父に見せる
それは千葉銘菓のピーナッツくんサブレとマニュマニュ千葉限定バージョンのキャラキーホルダーだった
鈴音は雷音から小野田が9月のレースに出ないと聞いて怒る

 

翌朝、小野田は全身が痛く殆ど寝て過ごした
翌日は溜まったアニメを観て、夕方には寒咲さんの店で自転車をみてもらった
そうして小野田の夏休みが終わったのだった

 

次回から新展開ということで、まずは手嶋と青八木の引退ライドですかねー
次の部長はやっぱり今泉でしょうか。それともまさかの鳴子????

 

弱虫ペダル 603話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。