弱虫ペダル 606話 ネタバレ 感想 新キャプテン小野田に今泉が贈る言葉

漫画「弱虫ペダル」最新第606話「第三世代総北」のネタバレ感想です。手嶋、青八木は自転車部の部室に別れを惜しむ。全員揃ったところで手嶋は総北高校自転車競技部の新キャプテンに小野田を任命。驚く小野田に手嶋は第三世代総北だと告げた。

 



スポンサーリンク


 

606話の続き、弱虫ペダル最新607話のネタバレ感想はこちら

各メンバーの大学での活躍が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 605話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 605話の振り返り

 

弱虫ペダル 605話 ネタバレ

総北高校自転車競技部、部室前に青八木が予定時間より早く到着。しかし既に手嶋が到着し窓拭きを終えていた。2番乗りかと部室に入ると古賀の姿が。

小野田は学校へ向かう途中、鳴子と今泉に遭遇。3人で部室に到着すると手嶋はこれまでの感謝を告げ新キャプテンに小野田を任命した。

 

弱虫ペダル 最新 606話 ネタバレ 感想

 

新キャプテンの抱負

小野田がキャプテンとして発表され騒然とする右室
戸惑う小野田をよそに、鳴子と今泉は良いアイデアだと賞賛
杉元、段竹、鏑木も続き、寒咲さんには頑張ってと手を握られる

 

 



スポンサーリンク


 

おおお、久しぶりに顧問のピーター先生!!(笑)
いつの間にか部室に!!

 

不安そうな小野田の肩に手をやり、今泉は金城と手嶋の言葉を伝える
総北は支え合うチーム
総北はキセキを信じるチーム
だと

小野田は手嶋の方に目をやる
今泉は続ける
手嶋は努力で高い壁も乗り越えられると教えてくれた
青八木や古賀も背中で語ってくれたと
巻島から魂を受け継ぎ、金城と田所の走りを一番近くで肌に感じた小野田が
部の中枢を任されて応えはノーなのか?と問う

ルートマップを渡されて難しそうだからと、走り出さずにバイクから降りるのか?
踏み出すことで、やってみることで景色は変る
転んでも・・・と言いかけて鳴子が続く
倒れても、心くじけても
俺たちが支えてやると

 

 



スポンサーリンク


 

ああ、今泉めちゃくちゃ良いこと言う。キャプテンに任命されると期待して用意してたんでしょうか(笑)
感動しました!!
今泉がキャプテンってのも正統派なチョイスで面白かったと思うんですけどね

 

小野田は自信を取り戻し、やってみると応える
前へ出るように促され、3人で前へ
小野田は改めて挨拶

湧き上がるプレッシャーを感じ、部員たちは興奮する

 

(笑)3人で前出るのクスりとしました。小野田1人で行くかと思いましたよ。
そして杉元は出ないっていう

 

手嶋は新キャプテンを眺めた感想を古賀に訊かれ、サマになっていると応える
そして、やっとすべてのプレッシャーから解放されたと安堵
あの3人がまとめるチームがどれだけ強くなるのかをゆっくり眺めると言う

 

今泉がサラッと、理由なく練習休んだらクビにするって皆に言ってたの笑いました
そして、手嶋、本当にお疲れさまでした。3年3人でのラストランとかするのでしょうか。卒業前の最後の練習とか、まだしばらくは出番続きそうですね
気が早いかもですが大学で自転車続けるのかも気になります。多才なので大学ではまたカラオケ部とかかもなー(笑)

 

洗濯物を干す小野田母
空を見上げながら、小野田がキャプテンに選ばれたらすごい
男の子は任されると強くなるから、大きく成長するだろうと考えていた

 



スポンサーリンク


 

 

弱虫ペダル 607話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。