弱虫ペダル 618話 ネタバレ 感想 高田城の好きなフルーツ

漫画「弱虫ペダル」最新第618話「高田城の挑発」のネタバレ感想です。峰ヶ山ヒルクライムレース、高田城は窮地に陥った小野田をきっかけに総北のプレッシャーが上がる、プレッシャーチューニングを目の当たりにする。挑発され勝負をかける鏑木、応じる高田城。段竹は罠だと危惧する。

 



スポンサーリンク


 

618話の続き、弱虫ペダル最新619話のネタバレ感想はこちら

大学での金城たちの活躍が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 617話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 617話の振り返り

 

弱虫ペダル 617話 ネタバレ

峰ヶ山ヒルクライムレース。高田城は悠人が仕掛けたにも関わらず、MTBのテクニックで軽くあしらった小野田の姿に興奮しプレッシャーが上がる段竹の様子を見逃さなかった

窮地に陥った時に同調してプレッシャーが上がる現象を箱学ではプレッシャーチューニングと呼んでいた、高田城は小野田に迫る、真波からの伝言を聞くか?と胸のジッパーをおろそうとすると。両端から段竹と鏑木が挟み込む。高田城は知識の重さは0gだと力説。煽られた鏑木が飛び出し勝負をかける。勝負に応じる高田城、段竹は罠だと感じ止まるように伝えるも鏑木には届かない

 

弱虫ペダル 最新 618話 ネタバレ 感想

 

鏑木 VS 高田城

高田城の挑発に乗り1人飛び出した鏑木
すぐ背後に高田城が追いつく
高田城は自己紹介
鏑木はフルネームみたいな名前だと反応

 

 



スポンサーリンク


 

始まりました!高田城VS鏑木
インハイの後、MTB編を挟んだのもあって久しぶりのロードでの勝負!って感じです

いまのとこ鏑木と高田城の噛み合わない会話が最高ですね
好きなフルーツをシャインマスカットだと応えた高田城に対し、聞いたこともねえ!だもんなー笑

 

更に加速しようとする鏑木に高田城は段竹が止まれと言っているが良いのか?と問う
鏑木はあれは段竹なりのエールなんだと応え、結局加速する

 

段竹は小野田に追うかと尋ねる
自分たちをバラバラにするのが目的だろうから追おうと加速しようとした段竹を
小野田は呼び止める
背後に新開悠人が待ち構えており、鏑木を全開で追って疲れるのを待っているんだろうと説明
小野田は今はゆっくりペースを上げるのだと説き伏せた

段竹は指示に従いつつも、鏑木は自覚ないかもしれないがアイツはスプリンターなんですよ!!と焦る

 

ですよねーーー笑
やっぱスプリンターですよねーー

自称オールラウンダーだからここで隠れた才能発揮されませんかね・・・
高田城のデータにもない、鏑木の能力が発揮される!的な

 



スポンサーリンク


 

スプリンターだから最初のメンバーには選ばれなかったんですよね
小野田も鏑木がスプリンターだってことはわかってたはずですが、どうして控え選手登録した・・・?
何か小野田なりの考えがあるのかもしれませんね

 

すぐに距離を詰めてこない高田城
どうした?という鏑木にわざと距離を空けて、物事を観察している
そして鏑木の言動は資料どおりだとう

性格は明るく勝ち気、目上の人に暴言を吐く
青八木を呼び捨てにし、銅橋正清をブタ呼ばわりしたと

 

めっちゃ笑った。銅橋(笑)

 

鏑木は改めて高田城の口から聞くと、自分がウルトラヤベーやつじゃねーかと驚く

今度は超接近し、近くで観察するという高田城
鏑木の発汗量や表情から、少し足が疲労しているだろう?と指摘
否定する鏑木に、高田城はこの後の3つのつづらのコーナーを折り返したところにある街灯をゴールとする3本勝負
2本先取したほうが勝ちだと提案

 



スポンサーリンク


 

高田城はオールラウンダーなんだからいけるだろう?と挑発
鏑木は簡単に挑発にのり、勝負を快諾する
そして自らの首筋に汗がつたうのに気づく

 

更に3本勝負ですか!
どこまで高田城の戦略なんでしょうか?
総北の1年の誰かを煽り個別に勝負して潰すという戦略までは決まっていたのでしょうか

この話の流れだと鏑木が高田城に敗れることになりそうですね
段竹と小野田が敗れた鏑木をどう上手く回収し、3人で逆転するか・・・でしょうか

 

弱虫ペダル 619話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。