弱虫ペダル 621話 ネタバレ 感想 高田城クイズの答え

漫画「弱虫ペダル」最新第621話「クイズ」のネタバレ感想です。峰ヶ山ヒルクライムレース、高田城と鏑木によるつづら折り三本勝負、1本目に勝利した鏑木だったが2本目は高田城のスケーティングダンシングの前に簡単に敗れてしまう。3本目の勝負が早くも始まる。

 



スポンサーリンク


 

621話の続き、弱虫ペダル最新622話のネタバレ感想はこちら

箱根学園懐かしのウサ吉エピソード 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 620話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 620話の振り返り

 

弱虫ペダル 620話 ネタバレ

峰ヶ山ヒルクライムレース。高田城が鏑木を煽り、鏑木と高田城はつづら折りバトル三本勝負に。一本目はスプリンターに有利なコースで鏑木が勝利

しかし2本目は高田城がスピードスケートからインスピレーションを受けて編み出したスケーティングダンシングで余裕の勝利を見せる。決着がつく3本目の勝負が始まる。

 

弱虫ペダル 最新 621話 ネタバレ 感想

 

高田城 VS 鏑木 つづら折り3本勝負 3本目

つづら折り3本勝負
1-1だが表情に余裕を見せる高田城、鏑木は全然互角の面じゃないとイラつく

3本目に入る
斜度は13%に上がる

 

 



スポンサーリンク


 

3%斜度が上がったのかな?
1%でどれくらい辛さ増すイメージですかね?結構違うのかな

 

斜度が上がると説明する高田城だが、総北のホームだと思い出し
釈迦に説法だったなと続けた。
しかし鏑木は釈迦に説法を「チャカに鉄砲」だと誤解

 

鏑木の知識の無さのせいで、負けそうなのにまったく悲壮感ない(笑)

 

3本目の勝負が本格化する前に高田城はクイズを出題
使えば使うほど増えていくものは?という問題に、鏑木は金と答えたりしてなかなか正解がでない

その間も追いつき追い越されを繰り返す
3回目の回答で体力だと応えると正解だと高田城

 

正解して嬉しそうな鏑木かわいい

 

 



スポンサーリンク


 

高田城は一気に加速
人間の体力、肉体は適応能力があり変化する
強度を加えて細胞を休ませると回復し増幅、つまり増やすことができるのだ
それが生物の生命力だと熱く語った

 

鏑木は差が開いてしまう中、小野田にレース前に伝えられた作戦を思い出していた

 

同じ頃、3本つづらに入った小野田たち
前の2人が見えないことから相当ペースをあげているのだと理解
段竹は鏑木が与えられた役割を忘れているのではと懸念する

 

小野田が伝えた作戦は
エースは段竹
そして自分は段竹を最後までサポート
鏑木は残り4kmの壁坂まで段竹を守る

というものだった

 

 



スポンサーリンク


 

全然作戦通りじゃない(笑)
鏑木、残り4kmまで持つ気がしない・・・・

 

加速し続ける高田城
振り向いて小さくなった鏑木を見てやろうとする

しかし

振り返ったすぐ後ろに、鏑木の姿が
高田城は鏑木の圧を感じる
鏑木は小野田のオーダーには応えられないかもしれないが、命がけでハコガクの一角を崩す気でいた

 

追いついてきた鏑木の姿!鳥肌でした。
見開きかっこよかったーー

このまますんなりと高田城勝利・・となぜか思っていましたが
鏑木やってくれましたね!3本勝負には勝利して総北舐めんなよ!ってとこを見せてやってほしいです

この勝負には勝つけど、レースは早めに脱落・・・・ですかね

 



スポンサーリンク


 

 

弱虫ペダル 622話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。