弱虫ペダル 638話 ネタバレ 感想 川田と桜井の初練習 その実力は…

漫画「弱虫ペダル」最新第638話「野心」のネタバレ感想です。川田と桜井は先日の峰ケ山ヒルクライムはレベルが低いから段竹でも優勝できたのだと指摘。かつて自転車競技部だったふたり、その後テニス部と野球部に所属していたが再び自転車競技部へ入部する

 



スポンサーリンク


 

638話の続き、弱虫ペダル最新639話のネタバレ感想はこちら

田所たちの大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 637話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 637話の振り返り

 

弱虫ペダル 637話 ネタバレ

購買部へパンを買いにダッシュする鏑木と段竹。無事に焼きそばパンを買えた直後、元自転車競技部だという川田と桜井が声をかける。川田は小野田がインハイ優勝なんてレベルが低いからだという

部室で川田と桜井について話していると小野田が入部希望者が二人も来たよと笑顔でやってくる。それは川田と桜井だった・・・

 

弱虫ペダル 最新 638話 ネタバレ 感想

 

川田と桜井、後ろに今泉と鳴子の巻頭カラー
登場早々にカラー飾っちゃうとか大物かよー!

 

 



スポンサーリンク


 

本気でレギュラー

川田と桜井が再入部すると告げられ唖然とする1年たち
気安く指図するなと警告する川田に鏑木たちは何も言い返せない

 

感じ悪すぎるでしょ
川田テニス部でもこんな感じだったんですかね
チームワークとは・・・

 

余っているロッカーはどれだ?とかってにロッカーを開けだす川田
巻島のロッカーに荷物を入れようとしたところで、小野田がその手を阻んだ
巻島さんのロッカーだから、乱暴に開けないでもらっていい?と言われた川田は小野田から圧を感じる

 

オコ小野田初じゃないですかね
川田がもっとやらかして小野田がキレるとこまで未来が見えた

 

その後いつもの小野田に戻って、理由を説明
川田は金城と田所のロッカーを今泉、手嶋が使っているのを聞いて伝統ってやつかと話を合わせつつ
心の中ではクソだと考えていた

 

 

 

ああ、もう川田嫌われキャラ確定じゃないですか

 

練習が始まる
鏑木はふたりが口だけじゃなく巡航速度に着いてこれていることに驚く
杉元はテニスと野球で自転車の基礎である体幹がしっかり出来上がっているのだろうと分析

川田は練習前にお前の席を俺が奪うと宣戦布告していたのだった

 

川田は桜井にお互い苦労した2年間で身につけたフィジカルがある
1年の頃とはもう違う、雑草としての強さを見せてジャージを奪おうと語る

 

ある意味超真剣で、刺激的ではありますね
皆レギュラー目指して仲良く・・・じゃなくライバル感でて緊張感増すので良いのかもしれません

ただ、実際のレースではやっぱりチームプレー必須ですしね。このふたりだと問題ありですよね・・・

特に桜井、喋んないから謎!

 

山に入り小野田、今泉、鳴子、そして段竹はA班として先に猛スピードで駆け上がる
残りのメンバーはB班として杉元が先導することに
中強度のペースで登ると伝え、コースの説明をする杉元を川田が手嶋さんによく連れてこられたから知っていると遮る
1年たちは手嶋や青八木のことも知っているのかと感心してしまう

 

 

杉元がスタートを切る
鏑木とスピードを上げ先頭集団に
遅れて定時がやってくる、続く2人の影が1年のゴリ蔵と沢田だと思った杉元だったが
それは川田と桜井だった

自転車部で頑張ってきたふたりが簡単に抜かれたことにショックをうける杉元
川田はジャージをかけて本峰山の山頂まで勝負しようともちかけた

 

いや・・・ここは受けてたっちゃダメですよ。杉元!
もしくは杉元が圧勝して、即川田と桜井退部?(笑)

仮に自転車競技部がテニス部や野球部と比べて緩くって自分が活躍できたとしたら
川田と桜井はハッピーなんですかね。野球やテニスがしたかったと言うよりはなんでも良いからレギュラーで全国大会に出たかったってことなのかなー
それならもうちょっとライトな部活アリそうですけどね・・競技人口すくないスポーツとか・・・なんか他にあったでしょうに

 

弱虫ペダル 639話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。