弱虫ペダル 639話 ネタバレ 感想 杉元 VS 川田 ジャージを賭けた勝負

漫画「弱虫ペダル」最新第639話「雑草」のネタバレ感想です。川田と桜井が自転車競技部へ再入部。早速練習に参加した二人、テニス部、野球部で鍛えた体幹で巡航速度にも問題なくついてこれていた。川田は杉元にジャージをかけて勝負しようと持ちかけた

 



スポンサーリンク


 

639話の続き、弱虫ペダル最新640話のネタバレ感想はこちら

田所たちの大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 638話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 638話の振り返り

 

弱虫ペダル 638話 ネタバレ

自転車競技部に再入部した川田と桜井。一年に対し気安く指図するなと釘を刺す。巻島のロッカーを使おうとする川田を小野田が制止、川田は小野田から普段感じない圧を感じ驚く

通常の練習に早速参加する川田と桜井、ふたりともテニス部と野球部で体幹が鍛えられており巡航速度にはついてこれていた。山頂を目指し登りに入るメンバー、Bチームを杉元が先導すると後ろから1年2人を追い越してやってきた川田がジャージをかけて勝負しようと持ちかけた

 

弱虫ペダル 最新 639話 ネタバレ 感想

 

杉元 VS 川田

川田はジャージを賭けて勝負しようと杉元に持ちかける
本峰山の山頂までのコースを競おうという川田を相手にしない杉元だったが
退屈な練習だと煽られ、勝負を受け入れることに

 

 



スポンサーリンク


 

いや、さっすがにこれは杉元勝つでしょ?まさか負けるとかアリ得る?
負けた後、杉元辞めちゃわないか心配です。

 

杉元は定時み新入部員に厳しい指導をしてくると言って前に出る
そしてもしも、川田が敗けたら新入部員らしく皆を敬う態度を取るように条件を伝えた

 

こんな荒ぶる杉元はじめてや・・・頑張れ!!

 

早速ふたりはスタートラインだと接いした標識を越えて加速
川田がスタートダッシュを決める

ふたりの勝負が気になる鏑木は定時たちを置いて勝負を見に行くことに

 

って桜井・・・お前はまだ何も喋らないのか

 

杉元は良いダッシュだし、体重の使い方も上手いと認めつつ
実力は自分のほうが上だとギアを上げて川田を追い抜いた

 

 

 

辛い練習を続けてきて、インハイも2度この目で見た
このジャージはそんなに軽くはないといい

そしてこの部の練習を一度も休んだことは無いと続けて、更に加速した

 

杉元かっけーーーー。去年のレギュラー争い以来のかっこよさ
いや、今が弱ペダ史上で杉元一番輝いているかもしれん

 

杉元の加速に驚く川田だったが、雑草なめんなよと敗けじと加速し杉元に追いつく
自分のテニスのプレースタイルは拾いまくる粘りのテニス

粘りにも脚にも自信があるのだと言った川田
1年のウェルカムレースで杉元から言われた言葉が忘れられず、以来杉元が嫌いなのだと語り始めた

 

ジャージも欲しいけど、ついでにリベンジもしたかったんですね
川田追いついては来たけど、かなり息も荒いしもはやゴール前モードなんだよな
ゴールは意外と近いのかなー?

杉元が1年の頃何を言ったのかは気になりますね。確かに初期って杉元ウザかった記憶・・・

 

 

 

弱虫ペダル 640話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。