弱虫ペダル 653話 ネタバレ 感想 川田のこだわり 今泉のアドバイス

漫画「弱虫ペダル」最新第653話「「勝ち」か「負け」」のネタバレ感想です。鳴子と今泉の忠告を信じない川田だったが、ゴールまで残り500mとなった地点で小野田が姿を見せた。動揺する川田だったが3人が話しこんでいるのをチャンスと見て残り400mの道を加速する

 



スポンサーリンク


 

653話の続き、弱虫ペダル最新654話のネタバレ感想はこちら

巻島たちの大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 652話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 652話の振り返り

 

弱虫ペダル 652話 ネタバレ

川田は今泉と鳴子が小野田のプレッシャーを後ろから感じるというので動揺するが追いつくわけがないと応える。

部室の前では杉元がふたりの勝負に思いを馳せる。一緒に勝負を見に行きたいと言った杉元だったが、今泉は小野田がもやもやを抱えて戻ってきた時に理解してやれるのはお前だけだからと残るようにいう。そして川田が不正して勝負に勝ったことはわかっているとも伝えた

残り500mを切ったところで小野田が姿を見せる。悔しがる川田だったが、鳴子と今泉とおしゃべりしている間がチャンスだとスピードをあげた。ゴールまで残り400m

 

弱虫ペダル 最新 653話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラーでした。川田が相変わらず扱いデカイ!!
気づけば欠かせない存在に・・・・?(笑)

 

川田 VS 小野田 with 12kg まもなくゴール

小野田が今泉、鳴子と話しこんでいるうちにと、川田はスピードをあげる

ゴールまで残り400m
ゴールするまでは笑わないと誓いペダルを必至に踏む

 

(あの変な笑いは封印ですね・・・・)

 

 



スポンサーリンク


 

小野田はこのままゴールラインを気持ちよく越えさせたほうが良かと相談
ふたりは笑って小野田らしいと応えたうえで
言葉を伝えるために強さを示す必要があること
川田は恥を捨ててハンデありの勝負を挑んでいる。全力で自分の価値を知りたがっていて
それを勝ち負けで教えるのはキャプテンの役割であることを説明

 

(ようやく鳴子も良いこと言わせてもらいましたけど、今泉ーー。ほんといいこと言う。今泉がキャプテンで良かったんじゃ・・・小野田は絶対的エースってことで。ね。)

 

二人の話に納得した小野田は急加速
見送った後、リュックの扱いはもしかしたらアキバに通っている頃に身に着けたのかもしれないと今泉

小野田はアキバ時代を思い出し、自然と笑顔に
追いつかれ振り返った川田は悔しそうにペダルを踏み続ける

残り200m
敗けたくないと川田は泣きはじめた

 

 

 

次回は川田の過去、どうしてこんなに勝負にこだわるのかが明らかになりそうです。
過去を知って、もし辛い過去だったとしたら川田のこと嫌いになれなさそうですね。

回想挟むので次回決着ってわけではなさそうですが
今泉が言ってたみたいに、川田敗けたらやめたいっていうんだろうな・・小野田は止めるんですかね

 

弱虫ペダル 654話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。