弱虫ペダル 659話 ネタバレ 感想 雉 VS 小野田 丘の上のカフェ編決着

漫画「弱虫ペダル」最新第659話「全開VS全開!!」のネタバレ感想です。雉と小野田は話をしながら丘の上のカフェまでロードバイクで走る。勝負を持ちかける雉。小野田は雉にギアの変速を嬉しそうに教えて二人は残り1.5kmの道のりを勝負する

 



スポンサーリンク


 

659話の続き、弱虫ペダル最新660話のネタバレ感想はこちら

田所迅、東堂尽八の大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 658話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 658話の振り返り

 

弱虫ペダル 658話 ネタバレ

雉は小野田に丘の上のカフェまで勝負だと持ちかける。小野田は初めてのロードバイクにも関わらず見事な加速を見せる雉の走りに胸がときめく

乗りこなす雉の姿に教えることはなにもないなと落ち込むが、雉はギアの変速について尋ねた。小野田は嬉々として説明する。雉は仕切り直して残り1.5kmの地点から勝負を仕切り直し

 

弱虫ペダル 最新 659話 ネタバレ 感想

 

雉 VS 小野田

小野田は雉の「全開」でという言葉に反応
想いに応えるべく自らもペダルを全開で回しはじめた

雉はMTBのときのように左右にダンシングしながら加速
小野田が追いつき、追い越してみせると雉は小野田の登坂力に感心する

 

 



スポンサーリンク


 

(勝負ようやくスタートですね。1.5kmなのであっという間に終わりそうですが・・・雉がロードだとどうスタイルを変えてくるのか楽しみです。それから登坂力って初めて聞いた言葉でした。弱ペダにピッタリの言葉ですね。既出だったかな?・・・・)

 

雉はあっさり抜かれてはプライドが。と再加速し並ぶ
カフェまで残り1km

小野田は道順を説明しつつ、次の信号の15m手前から自分はケイデンスをあげると宣言
真っ直ぐな小野田のスタイルに驚き、雉は自らは信号を過ぎてから最後のギアに入れると応えた

 

(信号の手前派 VS 信号の後派 ですね。雉普通についてこれててさすがですね)

 

小野田が先に仕掛ける
雉は冷静に、全開にはリミットがありピークをずらす戦略の自分に勝機ありだと考えていた

信号を過ぎてからの加速も十分間に合う
MTBで鍛えたピークパワーは小野田よりも上だろうからと

 

 

 

(ピークパワー、小野田より上・・・マジですか!?)

 

雉は体のギアを入れ、信号めがけて徐々に加速を始める
しかし・・・

信号が色を変えて雉はストップする

 

ちーん
まさかの信号オチ
雉のピークパワーを見て驚く小野田の顔を楽しみにしていたのですが・・・

丘の上のカフェで、どうして雉が会いにきたのかがわかるのでしょうか
2戦目は丘の上のカフェでお茶した後すぐなのか、それともいつかまたふたりが再会する日なのでしょうか

雉が小野田との勝負をしにインハイに出る説・・・あるかもですね!!って都合よく雉の学校でロードでインハイ出れるかは謎ですが

 

弱虫ペダル 660話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。