弱虫ペダル 663話 ネタバレ 感想 追い出しレース本格スタート

漫画「弱虫ペダル」最新第663話「真波が準備したもの」のネタバレ感想です。箱根学園では3年生追い出しレースが始まる。開始前に3年間の思いと挨拶をした泉田、葦木場と黒田。3人が先頭でレース開始、続くのはサプライズゲストの新開隼人。引くのは銅橋だった。

 



スポンサーリンク


 

663話の続き、弱虫ペダル最新664話のネタバレ感想はこちら

田所迅、東堂尽八の大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 662話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 662話の振り返り

 

弱虫ペダル 662話 ネタバレ

箱根学園では3年追い出しレースが始まろうとしていた。兄の隼人がゲスト参戦すると知った悠人は逃げ出したくなるが真波に捕まる

3年たちは別れの挨拶を告げて先にスタート。サプライズゲストとなる新開隼人を銅橋がひくことに

 

弱虫ペダル 最新 663話 ネタバレ 感想

 

カラーロング見開きは私服の箱根学園レギュラー組プラス新開隼人
ちゃんと高田城もいますね

 

追い出しレース本格スタート

真波から星ルールについて聞かされた悠人は、思わずめちゃ燃えてしまう
くそぉとこぼすのを聞いて、真波は自分の強さが可視化される仕組み好きでしょ?と微笑む
悠人は好きだから困っていると、ウズウズが止まらない
ダルいから途中で抜けようという当初の考えは、もう頭になかった

 

(いきなり冒頭からイチャがはじまった・(笑)真波もしかしてものすごく賢い?)

 

 



スポンサーリンク


 

先頭集団に追いついた真波たち
すでに新開のサプライズに歓喜した泉田たち
温かい気持ちになったと礼を伝える

新開は泉田はキャプテンでスプリンターという重役をやり遂げたと褒める
謙遜する泉田に、福富からの言葉だと続けると
泉田は静かに涙した

 

(ええ話や・・・ってレース前か後に伝えても良かったんじゃないかな、いやサドルの上でするからできる話なんやな・・・)

 

そろそろ追い出しレースを始めますかと真波
銅橋がアタックを仕掛ける
3年と新開隼人がそれに続く

1,2年たちのほとんどが振り落とされる

 

(た・・・高田城見つけた人?います???どこ行ったんだろう)

 

すぐに銅橋に追いついてみせた泉田たち3年
新開隼人は3年側につくことに

ここで真波が今日のルールを発表しますと星のシールを取り出す
各自肩に星シールを貼る

 

 

密かに燃える悠人、隼人が敵なのも協力することがないので好都合
自分はクライマーだし勝負することもないだろうと考えていた

が、銅橋が前方で悠人を大声で呼ぶ
何事かと上がると、3年たちがもう出たというのだ

インハイ2日目でゴールスプリント任されたろ?追うぞと銅橋
向こうは最強のスプリンター2人(隼人と泉田)が出ているという

 

うあああああ、追い出しレース
通過儀礼的なほっこりエピソードを想像していましたがいい意味で裏切られました
アツい展開ですねーワクワクします

悠人がスプリンターとしての才能を開花させるきっかけになるのでしょうか
そうするとオールラウンダーですね、インハイには今泉とか御堂筋みたいな感じに仕上るのかな

どうしても高田城がどこにいるのかを探したくなっちゃって、読み直します!
まさか出番ないのかしら・・・・

 

弱虫ペダル 664話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。