弱虫ペダル 最新 特別編 664.5話 ネタバレ 感想 野川文具店にて

漫画「弱虫ペダル」最新第664.5話「野川さん見立てます!」のネタバレ感想です。箱根学園追い出しレース。先行した新開隼人と泉田になんとか追いついた銅橋と悠人。最初のスプリントゴールをめがけて新開兄弟の勝負が始まろうとしていた

 



スポンサーリンク


 

田所迅、東堂尽八の大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 664話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 664話の振り返り

 

弱虫ペダル 664話 ネタバレ

箱根学園追い出しレース。泉田と新開隼人が先行し、焦る銅橋。兄との勝負を避けようと考え踏み込めない悠人に黒田が星は3年がもらうなと煽る。悠人は決心し銅橋と加速

先頭に追いついたふたり。最初のスプリントゴールを新開兄弟が争うことに

 

弱虫ペダル 最新 664.5話 ネタバレ 感想

 

今回は珍しく?特別編でした

 

追い出しレースその前に

箱根学園のそばの文房具店、野川文房具店
箱根学園の通学路に店を構えていることから店は大繁盛

店主の野川倖二郎42歳は、長くこの場で文房具店を営んでおり
どういうものを生徒たちが欲しがっているか、入店した表情で即座に判断することができた

 

(野川店長が主役!!もしかして元自転車競技部?)

 

真波が入店
楽しそうな表情から明日明後日に良いことがあると察した野川店長は
シールコーナーで立ち止まる真波の好みにあうような商品を次々と取り出すも
真波はちがいますーとスルー

 

(早速言い当てれてない(笑)全然だめじゃん。入店したときの顔でわかるんじゃなかったっけ?笑笑)

 

 



スポンサーリンク


 

どういうシールが欲しいのか尋ねると
真波は星だという

惑星シールからようやく☆シールにたどり着くも小さいと言われてしまった店長は
店で一番大きな☆シールを探し出し真波を満足させたのだった

店長は真波の手帳がデカイのかと妄想しつつ
去年、泉田が同じくデカイ番号シールを買いに来たのを思い出していた

 

全然自転車競技部のOBじゃなかったですね(笑)
追い出しレース前にあのデカ☆シール買ってたのですか
ちゃんとレシートもらって部費で落としてますかね、真波

次回は平常エピに戻るようなので新開隼人、悠人兄弟対決が見れそうです

 

弱虫ペダル 665話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。