弱虫ペダル 664話 ネタバレ 感想 隼人と泉田 VS 悠人と銅橋

漫画「弱虫ペダル」最新第664話「最速の2人!!」のネタバレ感想です。箱根学園追い出しレースがスタート。真波は抜かすと奪える星シールを配る。俄然燃える悠人。泉田と新開隼人が先攻。銅橋は悠人を連れて追うことにするが・・・・

 



スポンサーリンク


 

664話の続き、弱虫ペダル最新665話のネタバレ感想はこちら

田所迅、東堂尽八の大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 663話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 663話の振り返り

 

弱虫ペダル 663話 ネタバレ

箱根学園追い出しレースがスタート、先攻した3年を追いかけていった新開隼人。後続の真波は悠人に星シールのルールを説明。悠人は俄然やる気が出る

先頭集団では泉田が新開隼人との再開を喜ぶ。真波が特別ルールを説明し、本格的にレースがスタート。先行した泉田と新開隼人を追うために銅橋は悠人を連れて加速

 

弱虫ペダル 最新 664話 ネタバレ 感想

箱根学園追い出しレース

追い出しレース、前半ステージで飛び出したのは
新開隼人と泉田

泉田は新開隼人と走れて幸せを感じていると興奮冷めやらぬ様子
筋肉も喜んでいるという

 

(泉田による筋肉のメンバー紹介ありましたけど、新開笑うとこだぞ!アンディ、フランクまでは覚えていたけど、ペテル、マークって初登場かなー・・・)

 

 



スポンサーリンク


 

あがれと銅橋に発破をかけられる悠人だったが兄の隼人には会いたくなく、スピードを出せずにいた
悠人の性格を熟知している黒田は、スプリントで最初の星は3年がもらうことになりそうだなと煽る

悠人は加速
星を獲られるのは嫌だったのだ

 

(悠人の負けず嫌いは部内で有名なのね、黒田良い上司になりそうですね)

 

全開まで加速する銅橋
見た目とは裏腹に、悠人は銅橋のペダリングが丁寧で彼が練習をまめにやっていることがすぐにわかった

 

(銅橋の株があがる!)

 

追い出しレース、最初のスプリントゴールの6km手前でふたりは泉田と新開隼人に追いつく
泉田は銅橋の成長を嬉しく感じていた

 

最初のスプリントゴールを賭け新開兄弟が前に出る

 

 

 

はやくも兄弟対決が実現ですね!
悠人に勝ってほしい気持ちはあるけども、ここは兄の強さをみせてほしくもあるなー

そして追い出しレース、まさかのガチ勝負で大盛りあがりですね
スプリントでの兄弟勝負が一番の見どころになりそうですが
他にも葦木場と真波のクライム勝負とか描かれるのを期待しています

 

弱虫ペダル 665話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。